2010年 04月 15日
日本の道の安全性
警視庁が公表している東京都内の自転車交通事故発生Map
a0034181_21501574.jpg

上記のサイトはもう少し拡大しても見られるので
それで荒川とか江戸川のCRを見たのですが色はグリーンでした。
ということは警察が関知している大きな事故は少ない。
それよりもご覧のように駅前周辺などのほうで多いようです。
やはりそれだけ交通量が多いから発生回数も増えてくるからだとおもう。

おいらは自転車の安全を考えるに
一番の問題は道だと思うんですよね。
自転車が欠陥でコケたことはないけれど
道のトラップに引っかかって転倒は何度もあるし
それで自転車を壊してもいる。
しかしそれは警察にも届けていないし、自転車も自費で直している。
中国製の安い自転車よりも日本の道の方が危ないとおもう。

++++++++

あとは乗る人自身が危険な自転車にしてしまう場合もあるでしょう。
下の自転車は放置なのか乗っているのかわからないが駐輪場に置いてあったもの。
a0034181_21503837.jpg

片方ブレーキが効かないようですが、これは別に珍しい事ではない。
サビの状態から例のビアンキが思い浮かぶ光景です。

 


 

 
[PR]

by anbsakura | 2010-04-15 22:16 | BICYCLE


<< 前輪のみグリスアップ      無題 >>