2012年 06月 11日
ジャイアントの戦略
中国での自転車ブームについてだが
ここでもジャイアントは絡んでいるのだ。
ジャイアントが中国に進出した場所は昆山というところだが
華南の深センではなくて上海の近くに工場を建てているのだ。
これは輸出するだけでなくて中国市場でも売る為であったと先日の本にも書いてある。
そして実際に一番売っているのが中国大陸なんですね。

その「ジャイアント〜マーケティング戦略の分析」なる表題の資料がネットにあった。
簡単だが要点がまとまっているのでジャイアントの考え方を知る参考になるはずです。
※HPは南台科技大学:拡張子はppt、少し待つが開きます。
http://eshare.stut.edu.tw/EshareFile/2010_5/2010_5_c20ba254.ppt

+++++++++

この資料は2008年までのものだが
その中の資料のひとつを抜き出すと

台湾で生産される自転車はほとんどが輸出向けであり、
2008年は生産量650万台の内、
輸出が540万台、83%を占めた。
輸出先は欧州(361万台)
米国(72万台)
日本(24万台)
の順となっている。

これを見ると欧州でのジャイアントの存在感はすごく大きいのですね。
台湾全体の数字をジャイアント一社と読み違えました。
[PR]

by anbsakura | 2012-06-11 23:08


<< 電動内装式11速+ディスク対応...      中国のMTB自転車ブーム >>