2012年 12月 09日
チェーンオイルを注す前にクリーニングを
今日も寒い
自転車で買い物に行くけどペダルを漕ぐ感覚がモッチリと粘っこい感じがしている。
上手く表現できないけどクルクルと回る感覚に乏しい。

それでそーいえばチェーンにオイルをずっと注していないからなぁ、と
忘れないうちに帰ってからすることに。

メンテスタンドに立ててから布とチェーンにパーツクリーナーを噴いて油汚れを落とす。
ここで回しながらやるとかなり抵抗があることに気づく、
ベタベタした汚れが布に付いてくるから、その抵抗ですねー
本当はもっとキレイに清掃すればいいだろうが簡単に切り上げ、
新しくオイルを注してからペダルを回転させてみた。

おお、明らかに違う。
とても滑らかに抵抗も少なく回るようになりました。
この感覚って足に伝わるんだなぁ、って納得。

+++++++

普段外置きしている自転車だから
みんな使っているような自転車もこういう状態になっている可能性あるだろう。

メンテナンスではチェーンはオイルを注すだけでダメで
その前にクリーニングしないとスムースな回転は復活しないだろう。

うーん、これって普通の人が普通にやるかなぁ?
ママチャリを自転車店でも普通にやっているかなぁってチョットおもった。
でもそれをしないと軽い回転は戻ってこないだろう。

それから冬になったことで気温が下がり
油のこびりつきが硬くなってきたことも影響あるかもしれない。
[PR]

by anbsakura | 2012-12-09 20:47 | BICYCLE


<< ママチャリなどのチェーンステー...      千切れた・・・ >>