2013年 01月 24日
105円のブレーキワイヤーセットを買ってみた
これは安いと思いながら何となく使う気が起きなかったもの
通常自転車店の価格ではインナーだけでも100円以上する。
それがアウターケーブルとセットで105円ですからね。

たまたま今回使う機会がちょうどできた。
外置きでずっと使用していたシティー車を治すことになったのだが
ブレーキのアウターが長年の紫外線でヒビが入って酷い状態になっているので、
インナー&アウターの両方交換に。

しかし長いアウターワイヤーがもう無い
ここで安く済ませるにはちょうどいいと考えた。
フロントはこれまで持っていたものの中古だがリアを100均で買う。

a0034181_20145927.jpg



さて、どんなアウターかと開けてみました。
想像ではフニャフニャと思っていたけどかなりしっかりしている。
むしろ重い気がする。

しかし思わぬ問題あり。
ワイヤーの抵抗が凄くあって引きが重たいのです。
これは写真のようにインナーとアウターが丸まっていたせいもあるだろうが、
それにしても抵抗が大きい。
シティー車の場合は途中でインナーだけになるところがなく、
ブレーキのところまでずっとアウターがあるからこのままだと使えない。

ということでインナーにシリコングリスを塗り
アウターの中にもシリコンスプレーをシュと噴きます。
これで通してみたらスルスルと軽く動くようになりましたので、これでOK。

++++++++

でもこれで考えてみると
量販店に完組みで送られてくるシティー車も
これと似たような条件のような気がする。
組み立てる時にわざわざシリコンスプレーで内部を潤滑させてないはず。
ということは抵抗が強いまま組んでいる可能性がある。
[PR]

by anbsakura | 2013-01-24 21:15 | BICYCLE


<< 後付けハブダイナモライトという新製品      聞き慣れないママチャリ規格 >>