2013年 04月 26日
ママチャリ内装3速のシフトワイヤー交換について
ママチャリ内装変速のシフトワイヤーって
インナーが両側がタイコになっています。
したがってインナーだけ交換は出来ずアウターとセットになっている。

で、もし動きが悪くなって交換するとしたら・・・
このワイヤーだけを交換するのでなくて
シフターを買えばついでにワイヤーが付く
絶対にそっちを選択した方がいい。

a0034181_19311398.jpg


というのもワイヤーだけでも結構な値段
この価格に関してバラけていて900円近いのもあれば600円ぐらいで売ってたりする。
けっこういい加減なところがママチャリパーツにはある。

で、シマノのカタログ(2012年)を見るとどうもシフターを選ぶとワイヤーも付属する。
ワイヤーの長さはいくつかあるから販売店で指定すればいいらしい。
そのセット価格が1100円〜1400円ぐらいなのでワイヤーだけ交換するよりいいとおもう。
特に写真上のレボシフトはグリップのゴムが劣化してベタベタになっていずれダメになる。
前と違う新しいシフターにすれば気分も変わるし動きもさらに良くなる。

これはシマノパーツを買う場合のちょっとした裏ワザですよね。
スポーツ車のブレーキレバーを買うとブレーキワイヤーが付いてくるのと同じ。
でも知らない人が多いとおもう。
店でもシフトワイヤーは什器のフックにあっても、シフターセットは見かけない。
たまたま某ホームセンターで3つ置いてあったが
シフターとアウターがセットになって袋に入り1200円ぐらいでした。
Amazonより安い、というかこのパーツAmazon高いです。


この下のはシマノでなくダイアコンペのシフター
シマノだけでなくダイアコンペもあるのですねー

a0034181_19315188.jpg



++++++++++

ママチャリって白いフレームのが少ないのです。
不人気の色らしい、
ちょうど6段のママチャリは白いのですが確かに他に見ません。
どうも安っぽい感じがするような気がしてましたが・・
今日白いママチャリと遭遇、
いや、そんなに悪くないぞっておもった。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-26 21:52 | BICYCLE


<< ミニベロに装備品の追加      内装3段、これまた情報が少ない >>