2014年 06月 11日
定番品が無い
ふとしたキッカケでウイスキーを飲むようになり
最近は焼酎にも興味を持ち出している・・
少し前に終わった焼酎ブームと関係なく遅れてやって来た人である。

そういった右も左も分からない時はどれを選んでいいかわからない。
そうなると取り合えずは評価の高いモノを選んだ方が失敗しないと考えます。
ということは必ずしも一番安いモノを選ぶわけでも無いのですよ。
安くても二番目とか三番目ぐらいか…
安くても失敗したら損だと思いますからねー

+++++++++++

自転車もブームは去った。
だからこれから買おうと言う人はブームと関係がない人が来る。
そうすると同じことを考えると思うわけです。

しかしです…
スポーツ自転車もママチャリも定番品ってほとんど無い。
モデルとしては続き番号みたいになるのだが
名前もデザインも変わってしまいますからね。
スポーツバイクならかろうじてジャイアントのR3ぐらい
ママチャリでは1番高いアルベルトぐらいでしょう。

これは痛い。
売れていた時の商品を定番化させないと
売れなくなった時には過去の評判から選んで貰えなくなるからだ。
とりあえず一台といったって、その一台は数万円しますからねー
こういった時は過去の実績みたいなものが目安です。
それを選んでおけば大きな失敗はしないというのを選択するでしょう。

ですから毎年デザイン変更するのがいいことなのか?
名前を変えることがいいことなのか?
もっと長いスパンで商品づくりすべきではないだろうか。
数年間売れなくても良いモノならガマンしないと
定番品は生まれてこない。







[PR]

by anbsakura | 2014-06-11 21:34 | BICYCLE


<< ウイスキー+甲類焼酎、これはイ...      タイヤが外れた自転車かとおもっ... >>