2014年 08月 01日
ママチャリ本来の役割り
ジョブナで買い物に行くとわかってきたのが
前カゴは余裕があると思えたのだが、案外と入りきらない。
特にレジ袋などが2つ以上になったりするとはみ出す。
カゴの大きさは中であるが
やはり買い物自転車だとリアのバスケットが必要だとわかってくる。

そう、これがママチャリの本来の姿なのである。
荷物運搬車。
手提げでは重たくなる荷物を自転車に分散して運べば歩くよりずっと楽なのだ。
ここが気づきにくかった。
もしも重たい買い物袋を歩いて運ぼうとすれば大変である。
そこでママチャリが使われるのですねー
距離はあまり関係ないのだ。
たとえ100mでもママチャリの役割りなのです。

ママチャリの存在とはそういうところから生まれてきたもの。

性能的には荷物が空の状態のママチャリだけでなく
重たい荷物を積んで走ってみて違いをみるべきなのだろう。








[PR]

by anbsakura | 2014-08-01 21:49 | BICYCLE


<< 自転車とラジオ体操      悪条件 >>