2014年 10月 28日
前カゴを付けたミニベロとジョブナの比較
ミニベロMV-1 (ルイガノ)を久しぶりに引っ張り出して乗ってみました。
(写真はデジカメがバッテリー切れでありません。)

いつものジョブナに比べてどう感じたか…というと
それほど乗りにくという印象はなく使えます。
タイヤが20インチというのはそれほど違和感なく使えるのだ。
ただMV-1で意外なのはノーマルからドロップに変更しているため、
トップ長が長くなり前傾姿勢が強くなる。
ミニとはいえ身長が低い女性がドロップに変更しようとするとサイズ的に無理。

さてこのミニベロには標準で前キャリアがあります。
ここにカゴをタイラップで付け足しています。
今回このカゴを使う機会があったので、
そのインプレを書いてみます。

結論から言うと重いものは無理、
小径車のハンドル操作がさらにシビアになってくるため危ない。
今回は3kgぐらいのものでしたが、
それでもクイックになり直進以外は安定感がなくなります。
これはドロップにしたことも大きく起因しているのだが
ジョブナのように後ろに重心がありハンドルには軽く触れるのと違って
ハンドルに体重を乗せるポジションになっていることによってに起っている。
さらにハンドル幅も狭くタイヤも小さいという理由も重なってくる。

ここから言えるのはミニベロは前かごでの買い物使用にはあまり向いていない、
と考えておいた方がいいのかもしれない。
ジョブナでは5kgの荷物でもほぼ問題なく乗れるのに
MV-1ではまず不可能といえる。
他のミニベロがどうかはわからないけれど
子供を乗せるような特殊自転車を除けばママチャリにはかなわないだろう。

またドロップハンドルの自転車で前に重い荷物を載せて走るのは
乗りにくくなると言うことでもある。








[PR]

by anbsakura | 2014-10-28 20:14 | BICYCLE


<< 気がつくと・・電動アシストはパ...      ジョブナで赤霧島探し >>