2014年 11月 14日
電動アシスト車の盲点
ジョブナで走っていると電動アシスト車でも抜きます。
平地なのでアシスト車は必要はないのじゃないか、って
そういう時におもう。

それより自分は歩くと疲れやすい。
自転車に乗る方が歩くことより多くなってくると
歩行するための筋力が弱っている気がします。


実はアシスト車にもそうした盲点があるようなのである。
買った当初はペダルがすごく楽に感じて感動していたものが、
ある時どうもペダルが重たくなったと感じて
自転車屋でどこか悪いところがあるから見て欲しいと相談する。

しかし、自転車は別にどこも悪くないという結果に。
実は自転車ではなくて自分の脚力が落ちてしまった・・というオチである。
こうなると普通の自転車はさらに重たくなって
乗れなくなってしまいます。

これはヤバいですよねー
そうならないようにするには
多少重たいと思っても
運動だと思って
乗っていた方が体力的にもいいようです。

+++++++++++

それからハイブリット自動車と同じような問題もあるかもしれません。
ハイブリット自動車は毎日乗らないとバッテリーによくないらしい。
時々しか乗らない、短時間しか乗らないという使い方は
バッテリーを劣化させてしまうのだとか。

アシスト自転車もバッテリーを使っているわけで
やはり毎日使っているような人には向いているとおもいますが
時々しか使わない人はバッテリー管理にも気を遣うことになるとおもいます。











[PR]

by anbsakura | 2014-11-14 22:44 | BICYCLE


<< 1万円以上高くなっている      マクドナルドのこれから >>