2014年 11月 26日
生産国のイメージは品質の保証とはならないもの
スーパーなどで売られている加工食品のほとんど
99%といっていいくらい買ったことが無いもの、

新しいものに手を出す場合は特売品であることが多い。


BSKT
BSKT posted by (C)So

デンマーク産とあるビスケット
安くて(@198)、量がある(500g)。
パッケージも悪い感じがしないので買ってしまいました。

失敗しました。

どうしてもデンマークという名前に惑わされたようです。
国のイメージというのがあります。
ヨーロッパのものなら良いだろうという漠然と固定概念があったのが敗因。
内容表示をよく見ればバターでなくマーガリンを使用。

もしもこれが中東の国とかアメリカとか○国だったら買っていただろうか
たぶん買わなかったであろう。

+++++++++

たいへん難しい選択であるが…

買わなければ分からない。
最近は色々な国の食品が輸入されている。
全部国産のものを買うというのは保守的である。
しかし
買う場合に今回のような国のイメージで買ってはいけない
という教訓でした。




[PR]

by anbsakura | 2014-11-26 22:02 | 飲む、食べる。


<< カゴを変形させてしまった      ママチャリのハンドルをMTBに... >>