2014年 12月 15日
購入したママチャリタイヤのスペックと感触
購入したタイヤはビニール巻でhodakaの名前で売っているもので
外からどこのメーカーなのかを確認する術はない。
帰ってからビニールを剥がしたらチェンシンでした。

案外しっかりしています。
ふにゃふにゃではないかわりにしなやかでもなく、いくぶん厚くて重たい。
さらにこのタイヤはスペックにおける特長があります。
a0034181_18450310.jpg
空気圧を 5.8 BAR までをリミットとしていること。
これは3気圧を標準規格としている日本メーカーより高圧仕様jです。

粗悪品という感触は触ってみた感じではありませんね。
それより丈夫(重量は約600g)な感じで
まるで作業着のような無骨さが安いタイヤらしくもある。

ということでジョブナはかなり高い空気圧にできそうです。
フレームはスチールで比較的柔らかいから問題ない。
先日交換したリアにこれを再度交換するつもり、
さらに軽い走りの期待に答えてくれるだろうか。

タイヤの側面にC-979Dとあるので
http://www.cb-asahi.co.jp/item/31/22/item100000002231.html

このタイヤと考えてもいいとおもうけれど
トレッドパターンが少し違っていた。

それよりAmazonでみると値上がりしているようです。
今後は円安と中国でのコスト上昇から値上げがあるかも。


+++++++++++

後日タイヤをホイールに装着してみると
製造不良と思われる問題があることが出てきました。
http://kazamakase.exblog.jp/20567230/


[PR]

by anbsakura | 2014-12-15 20:55 | BICYCLE


<< ママチャリタイヤのおさらい      恒例の買い出し >>