2014年 12月 29日
カタン、カタン。。
ジョブナのタイヤを交換したけれど
少し前からの駆動系周りでカタン、カタンという音が多くなった。

ジョブナはチェーン周りがフルカバーになっています。
この自転車を手にしている理由のひとつなのですが、
メリットの反面、カバーに隠れてチェーンの様子がわからないのが盲点である。
チェーンの張りが見えないのです。
たぶん、それがカバーに関係した音なのかなと思っていました。

しかし昨日はそれが酷くなってきて時々歯飛びのような
一瞬抜けることが起きてきたのです。
これはマズいトラブルと思ってあらためて考え始めました。

しかしチェーンが弛んでいるようなことは先日の交換でまずありえない。
そこで・・・もしやクランクが緩んでいるのかも?
という過去のスポーツ車での経験を思い出しました。

帰ってからクランクボルトを締めてみたら・・
やっぱり緩んでいた。
ここはけっこう緩むので組みたてた時はキッチリ締めたと思っていたのですけどね。

たぶん直っているだろう。

++++++++++

ペダルを漕いでいて音がするようならこういう原因が思いた当たるのですが
なにぶんチェーンカバーがあったので何かに当たるのかと思っていました。
何事も最初のケースはわからないもの。






[PR]

by anbsakura | 2014-12-29 17:50 | BICYCLE


<< なにゆえママチャリに目覚めたのか-1      ママチャリのハンドルクリアラン... >>