2014年 12月 31日
なにゆえママチャリに目覚めたのか-1
12月も最後になりました。

今年はママチャリのことを取り上げることが多かったのですが、
何故乗るようになったのか振り返ってみます。

この生活の道具としての自転車は最も普及しているのに
自分の身長ではサイズが合わないことによってそれまで蚊帳の外にありました。

現実には今でも無理に合わせているものですが
それでもママチャリに抱いていた負のイメージを変えることになりました。
それは前にMTBに初めて乗った時以来の自転車に対する新鮮な発見になりました。

もちろんそれは工夫も必要になりました。
サイズも合わない、ギアも重たいというままでは
ママチャリは単に性能が悪い自転車であるとに変わりないのです。

+++++++++++

まず、そのきっかけを作ったのは・・・

無名の6段自転車(26インチ)に乗ったことでした。
この名無しのママチャリはサイズが小さいことに変わらないのですが
実にソフティな乗り心地に感動したことです。
今まで乗ってみたママチャリのどれよりも快適であったことです。
そして6段変速もあって平地を走る分に問題ない性能でした。
ただ坂は弱かったようです。(サドルが低いので本当のことはわからず)
何度か乗ってみて印象は変わらずに滑るような乗り心地が好印象でした。
これは自分が持っていたラ・クッションよりも快適性で優っていたのです。

そのママチャリはU字フレームタイプでした。(ダウンチューブ下側に補強パイプ追加あり)
そしてフレームは鉄です。
それによって実現される性能なのかと思いを始めました。

できたらU字タイプで鉄の27インチのフレームがあったら
欲しいと思うようになりました。
しかしU字フレームの27インチは実際ほとんど無いわけです。
U字フレームは主に女性向けといった性格の強い商品なわけです。
ですから24インチの小さいフレームには多く存在するが27インチではほとんど無い。

そうして時間が過ぎて偶然に廃車したジョブナのフレームがあったわけです。
これはU字フレームではないことを除けば希望のスペックであったというわけです。
フレームもブリヂストンですから下手な無名のフレームよりもいいでしょう。
そういう経過があってレストアから
無名の6段ママチャリの滑る乗り心地の再現を目指すことになったわけです。








[PR]

by anbsakura | 2014-12-31 20:59 | BICYCLE


<< 時代は変わる      カタン、カタン。。 >>