2015年 01月 24日
【続き】1ヶ月ぐらい飲めるワイン
BOXタイプのワインってどんなものか
さっそく売り場で確認してみた。

これは・・小さい、コンパクトです。
3ℓだからもっと大きいというイメージでしたが…違いました。
ペットボトルの2.7ℓの焼酎の方が大きくみえます。

それからスーパーでも置いていないところがある。
ワインの品揃えのいい店にならないと扱わないようです。
それほど売れているものでもないということだ。

+++++++++++

この紙パックに入った箱ワイン、
見て感じる部分で…購入意思が減退してくる。

やはりガラス瓶の持つ風合いとかラベルデザインがあるからこそ
楽しみのイメージが沸いてくるわけですねー
スクエアの箱だと調味料などの食品を買うようで、
嗜好品としてのイメージを掻き立てるパッケージじゃないのだ。

さらに…
少し調べればワインの価格帯による違いです。
こういう時にネットで調べると
おおよその理解ができるのだが…
それによるとボトルで、300円近辺はまず問題外、
合成酒のたぐいになってくるらしい。
400円、500円とは差が大きいということである。

500円でもオススメは少なく1000円とも差がある
1000円以上になれば嗜好の世界…という違いになるというわけだ。
ボックスワインというのは
この300円から400円以下のゾーンのワインなのですねー

これはウイスキーで言えば、あえて飲むようなウイスキーではなく
それなら焼酎にした方がいいということと同じことかもしれない。
つまり グレープジュースでも飲んでいた方が美味しいということになる。

んー、この計画はもう少し考えてみる必要があるようだ。





[PR]

by anbsakura | 2015-01-24 12:50 | 飲む、食べる。


<< 自転車でワインを買いにいく      1ヶ月ぐらいは飲めるワイン >>