2015年 02月 25日
スポーツ車を実用化するのは難易度が高いのかも
時々、アンカーのスポーツバイクに
スタンド、キャリア、ライト2つ、サイコン、と
装備満載の自転車が止まっているのを見かけます。

アンカーであるのは外国ブランドを扱わない
一般自転車店から購入したオーナーなのではと推測。

装備満載なのでゴチャゴチャして格好は今ひとつ。
しかしお金はかけている自転車になっている。
おそらく普段の足として使っているようですが
そうした装備を加えても実用度としての使い勝手が
ママチャリのようには良くはならない。

++++++++

スポーツ自転車を実用に使えるようにするのは
かなり自転車のことがわかっていないと難しいと思いますね。
すぐにオプションパーツをあれこれ付け足していくと
ゴチャゴチャした自転車になってしまいます。

自転車屋から出されるアドバイスも
どんどん足していくのでしょうが
それでは格好悪い自転車になっていくのがわかっていないのだろう。

これを見るとまだカゴ付きなんちゃってクロスバイクの方がいい。
かなりというかすごくお金の無駄に見えます。


実用的に使ってかっこ好いスポーツ自転車。
かなり難しいです。




[PR]

by anbsakura | 2015-02-25 21:34 | BICYCLE


<< MTBにハブダイナモで実用度の...      薄くしたハイボールがイケます。 >>