2015年 02月 26日
MTBにハブダイナモで実用度のアップを考えついた
昨日書いたことを改めて考えてみました。

やっぱりタイヤの細いスポーツ自転車は実用には向いていないという気がします。
ここ10年近くそういった自転車ばかりが売れていたけれど
かなり神経質な管理が必要になってしまう。

そうなるとやっぱりMTBタイプが実用性があるかと。
ジャイアントのFCRも持っていても、MTBなら空気圧の心配もなく乗り出せる。
悪条件の道路に対しても走ることを気にすることもない。

あるいは昔のロードマンタイプでしょうか、
あれは実用的であるべきカタチを具現化してあったと
今更ながら思える。
今だとあさひのプレシジョン・トレッキングのような自転車が
当てはまるのではないだろうか。

クロスバイクやロードバイクは普段の使用に求められる
基本条件に初めから合致していない自転車なのである。
そのためいくら追加装備しても実用には向いていかないのだ。

+++++++++++

MTBをより実用度のあるものにするには…
ということを考えていたら
前輪にハブダイナモを付けてみたくなった。
どうせ市街地だけ走っている自転車です。

そこで手持ちのパーツで組めるのかどうかだが…
問題は組めるスポークの長さのものがあるのか?
ネット上にある「スポーク長 計算機」で出してみた。
数値入力にミスがあると組んでも合わないので注意しないといけないが
どうも8本組みでできるかもしれない。

これはいずれは試すことが見つかったかも。










[PR]

by anbsakura | 2015-02-26 21:40 | BICYCLE


<< マッドガードフラップをジョブナ...      スポーツ車を実用化するのは難易... >>