2015年 04月 11日
安いワインを飲んでみたけれど・・
ウイスキーに続いてワインに手をつけてみたが…
今のところリピートしてみたくなるものがない。

まずワンコイン(500円)クラスで赤は渋いというか、エグみがあるのが多い。
何百種類もあるから良いのもあるだろうが外れる可能性が高いだろう。
渋いというのは、一番搾りでは当然無くて
多分圧搾の出涸らしだからではないか?と思える。
そうするとブドウの枝とかから出てきた成分が混ざっている感じがする。
白もちょっと酸味が強かったなぁ。

やっぱりもっと価格が上にならないと美味くないようです。
でもそうするとコスパ的に相当悪くなります。
一本開けてしまえば、早めに飲み切る必要があります。
何回にも分けて飲むならウイスキーの方が管理しやすいです。

まとめて買ったのであと4本ほど残っている。

++++++++++++

ワインを選ぶ際のバイブル的な本という
ポケット・ワイン・ブックの古書をAmazonで買ってみた。(1円+送料)
この本は小さいポケットブックにしてはすごく高いのです。
主にレストランや専門家、輸入業者、あるいはマニア向けのものだろう。

P.W.B
P.W.B posted by (C)So

どんな内容かというと、英和辞典のように細かい字で
世界各地のワイン栽培業者が作るワインの格付けがされている。
その量は半端でなく多いので、ほぼ素人の自分の参考にはならなかった。







[PR]

by anbsakura | 2015-04-11 20:42 | 飲む、食べる。


<< ジュンスキー      それでも無くならない9,880円 >>