2015年 04月 23日
自転車と電信柱のKISSが年間6万件以上か
最初に自分がぶつかった話では無いと前置きしておきます。

近所の自転車屋さんのブログを読んで
→http://480364.blog9.fc2.com/blog-entry-1204.html
電信柱にぶつかってフロントフォークを曲げる自転車が
年に数回必ずあると書いています。

まぁ、そういったことはあるだろうー
で終わってしまうとそれまでです。

このお店は大型店ではなく、地域に密着した小規模店。
そこで年に数回そういった修理の持ち込みがあるということは・・・・
全国でおよそ1万5千軒の自転車店がある。
それを単純に掛ければ最低でも3万件の事故になるわけです。
さらに持ち込みせずに廃車も多いはずですから
修理と同じくらいと考えても合わせて6万件にもなる。

++++++++++

これは自転車の欠陥どころでは無い数字ですよねー

以前にも書いたことだけれども
安い自転車の安全性が問題だということはわかります。
しかし道路はもっとずっと危ないということです。
なぜ電信柱にぶつかるかと言えば・・説明するまでもないことです。

行政はそれの責任を負うことはまずありません。
でも道路で怪我をする多くは道路に問題があると
自分はおもっています。





[PR]

by anbsakura | 2015-04-23 21:05 | BICYCLE


<< ママチャリにスポーツ車のスポー...      チェーンへのドーピング >>