2015年 06月 05日
新陳代謝と冷たいもの
食事制限をやり出してから一ヶ月ほどの間
少ない量でもほとんど空腹感がなかったけれど
ついこの間から空腹感を感じるようになってきました。

これは体内ストックが少なくなってきたからだろうか

ここでさらに空腹感を我慢すべきなのか?だが
ムリに体内欲求を抑えるのはかえってよくないと考える。
急激に痩せるというのは身体に無理がかかってくるように思える。

ここで第二段階に入ってくるのだろうなぁ

これまで食事制限で減らしていたもの
お米は1/3
パンは1/2
お肉は1/4
揚物も1/5
炭酸飲料、ゼロ
お菓子類、1/10
コーヒー、1/2
ウイスキー、少々

増えたもの
水分
野菜、サラダ、
スープ類
レモン水

これを継続するのではなくて
いろいろバリエーションを加えていくのがいいとおもう。
カロリーに気をつけていけば体重は増えないはずです。

カレーとか辛いものは刺激になって食欲をそそります。
しかし発汗作用のあるものも良いのではと考える。
食べてる間に身体が熱くなってくるのは好いものだとおもう。

反対に最近気になるのは冷たいもの。
中国人は冷たいのは身体に悪いといって食べないそうです。
日本では冷蔵庫が普及して冷たい食べ物が急激に増えた。
これは確かにそうかもしれないという気が…
夏の暑い夜にビールとか冷たいものガンガンと飲む
これが新陳代謝を悪くさせていないだろうか。









[PR]

by anbsakura | 2015-06-05 20:42 | 飲む、食べる。


<< ペダルが回るようになった      ルイガノのハンドルとカゴの位置... >>