2015年 06月 26日
自転車補給の栄養学
体組計で測っているうちに
ひとつの事がわかってきた。

それは炭水化物のカロリー取りすぎもあっただろうだろうが、
それよりも脂質の高い食品をわざわざ!選んでいたところがあったようだ。
たとえば豆腐でも厚揚げが好きだったり…
このため体内脂肪がどんどん蓄積されていたところがある。
食べる量も重要だが、どんな食べ物を多く食べていたのかも関係しているのだ。

++++++++++++

自転車で出かける目的のひとつに飯(めし)ポタ・ツーリングというのがある。

しかしそれが腹一杯食べるような食事処はマズいのだと分ってくる。
何故なら食べた後は体内では食物の消化活動を必死にやっている、
ですから本当は食べた後はゆっくりと安静にしていた方がいいわけ。
それを帰路も自転車を漕いで運動するのは良くないだろう。
ほとんどのスポーツは途中で食事をすることなく終了するのもそのためだ。

目的地が大盛りを売り物にする店とか
トンカツや焼肉などの油物を食べる店とかは、
おそらくふさわしくない食事だとおもわれる。
ハンガーノックをしないためにも食いだめする
という考えでいたら間違うのだ。

でもあまりそこまで考えてないですよねー

そこで、途中で小まめに補給食なのだ。
どうもブルべをやっている人たちはそこをよく考えているようです。
1時間に1回ぐらいづつ200kcal程度の軽い補給をする。


そこで補給食によく引き合いに出てくる羊羹
その中身はとてもエネルギーに変換しやすいのですね~
炭水化物が主な栄養素。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/okasi/yokan.html

それと対比させてみたのがアイスクリーム。
これから夏にはよく食べるでしょう。
自転車のブログにも写真がよく載せてあります。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/nyuuseihin/aisu.html

そうすると栄養素がまったく違いますねー
こちらは脂質が多い食べ物。
同じ甘い物でも自転車の時は羊羹の方が良いみたいです。






[PR]

by anbsakura | 2015-06-26 21:34 | BICYCLE


<< 携帯補給食が自作できるらしい      体組成計を購入した >>