2015年 07月 20日
ナットで止めないネジ
少し乗らなかったらジョブナのリアが、また空気抜けです。
ありゃ~、またパンク?
その前に虫ゴムかな…

で、調べたら虫ゴムでなくスーパーバルブ入れてあったわ!
忘れてました、なので虫ゴムじゃない。
しかしチューブを出して調べる前にもう一度空気を入れ直してみました。

数日経っても空気漏れ無し。

どうやら口金が振動で緩くなって空気が漏れたらしい。
調べる際に回すと抵抗なく動いたので、もしかしたらというカンが当たった。

+++++++++++

自転車ってネジの緩みっていうトラブルが意外と多いです。
でもそれは自分がメンテしているせいなんだろうなぁ。
後で外せなくなるような鬼のような締め方をしないから。
工場やショップではより強いトルクで締めているんだろうとおもう。
だから外せないくらい固いってことがある。

そして気づいたことがある。

自転車ってナットを使わずにボルトだけで固定する部分がかなりあるのだ。

この前に緩んだクランクのフィキシングボルトもそうです。
あるいはステムのハンドルを止める箇所もそうですし、アヘッドだとフォーク側も。
Vブレーキをフレームに固定するネジもそうです。
リアディレーラーを固定するのもネジ込むだけ。
さらにボトルケージもそうです。

反対にナット側だけのような止め方が
英式バルブの口金やペダルじゃないでしょうか。

つまり自転車ってフリーメンテナンスという機械じゃないってこと。
走ればいつか緩んでしまうことがあるわけですねー
いくらメンテナンスする人が経験豊かでも
100%完璧な組み立てができるという保証はない。

それにしても口金って、それほど注意して締めなかった。
反対に英式バルブは虫ゴムを切らないように
緩めて締めるという説明を聞いていたのが仇になった。
スーパーバルブはキッチリと締めるべし。






[PR]

by anbsakura | 2015-07-20 21:08 | BICYCLE


<< 近頃のウイスキー事情、終売品なので…      現代版自転車操業 >>