2015年 07月 29日
梅ジャムづくり・・砂糖いっぱい
少し前のことになりますが「梅ジャム」を作った。

去年は飲みにくいウイスキーを使い黒糖を入れて梅酒づくりに挑戦したが、
ほぼ1年置いて出来たのはちょっと失敗作になってしまいました。
糖分の割合が少なかったためかなり酸っぱいのです。

そこで今年はリベンジと行きたかったのですが・・
考えてみるとCPが悪いのがひっかかる。
酒として飲むとするならクォリティーが低いホワイトリカーが1.8ℓで千円ぐらい
それに氷砂糖で400円ぐらいします。
麦焼酎のいいちこより高いのです。

それで美味しければいいのですが…気になるのが砂糖の量なのです。
去年の失敗は砂糖が少なかったことにあります。
少ないといっても梅1kg、ウイスキー1.2ℓで500gぐらいは入れたでしょう。
これでも酸っぱいのです。
つまり梅酒には砂糖が大量に溶けているのですね~

ということでカロリーの高い梅酒をわざわざ作って飲むのはどうなのだろう?
という疑問から梅のこと調べてたら梅ジャムが作れることを知りました。
そこで手に入れてある梅は梅ジャムにすることになりました。
ネットのレシピを見ながら作ってみたが
こちらも砂糖を大量に使います!
セーブしたけど梅1kgに対して砂糖700gぐらい使った。
本当は800-1000g、ほぼ1袋分なんです。
つまりジャムって砂糖の塊のようなものなのだ。
カロリー的には付け過ぎに気をつけた方がいい。

で、完成したのはやや煮詰めすぎてしまった。
冷やして冷蔵庫に入れておいたらゼリーみたいに固くなってしまいました。
何事も1回目から上手くできないものだ。
パンに付ける時は一旦ジャムを電子レンジで温めて伸ばしやすくします。
味はやっぱりやや酸っぱいジャムです。

ジャムってどんだけ砂糖が入っているのか
これでよくわかりました。









[PR]

by anbsakura | 2015-07-29 20:31 | 飲む、食べる。


<< 熱中症になりかけていたのかもしれない      詰め替え作業 >>