2015年 09月 21日
パウチパック酒の利点とは?
結局は手に取って買っていないのですが、
大吟醸酒では最も格安だろうとおもわれる、
パウチパックに入っている黄◯の500mlが売っています。
500mlで税込600円ぐらいなのでお試しに飲んでみたいと思ったわけです。
この価格帯で選べる日本酒はけっこうギリギリの普通酒がほとんどなので、
一応高級酒と分類してもいい大吟醸は希少な商品のように思える。


しかしなぜパウチパックなんだろう。
紙パックも安っぽいけれど、これはシャンプーや洗剤のようです。
飲み物にシャンプーの容器は違和感を感じるわけです。
利点としては冷蔵庫にしまいやすいということのようだが…

・・・・・
あー、これは注ぐ時に注意すれば中に空気が入らないですよねー

ということはお酒が空気に触れて酸化することを
防ぐ意味もありそうです。
自分のように少量で満足する人は飲み切りしません。
これなら残っているお酒をすぐに飲まず
数日、間を置いても劣化が少なくてすみそうな気がします。
紙パックだと空けた分だけ中に空気が入ってしまいますからねー

2ℓの紙パックなら最後の方は空気が充満しているようなもの。
これ、ウイスキーでもすごく気になって来ますからねー
気にならないのは甲類焼酎ぐらいじゃないでしょうか。






[PR]

by anbsakura | 2015-09-21 21:07 | 飲む、食べる。


<< 誤解      お店巡り >>