2015年 09月 23日
誤解
今夜は季節として早いがおでんと一緒に1.5合ほど飲みました。

越乃寒梅は昨日半分ほど飲み終わり、残りの分は五合瓶に詰めてある。
本当ならこれから片づけてしまうべきなんだろうが、
別のお酒を飲んで比較したくなってしまう・・

先日から買っておいたお酒。
a0034181_1774710.jpg
キクヨイは静岡の酒蔵
シュンは福岡県
スイシンは広島県

特に選んだものというわけではないです。
周った店に置いてあって、ちょっと見かけない、比較的安く買えたものです。
一応ネットでチェックはしていますけどねー
しかし偶然に選ばれているものであります。

このうちのスイシンを開けてみました。
他にここに載せていないカップ酒も開けてます。
ということで合わせると1.5合になったわけ。

うーん、日本酒ってご飯に合うねー
いや、本当にそう。
今まではそう思っていないで来たから飲んでいませんでした。

呑兵衛のお酒ってイメージが付いてしまっているが
これはワインよりずっと日本人に合っている食中酒といえるのだ。
お酒だけを飲むのではない飲み方。
残念ながらアルコール添加に加え糖類添加した日本酒が多かったので、
この結びつきを破壊させてしまった。

何かの行事で主催者からお土産に出されるようなワンカップ酒や
あるいは飲み放題などで出される安い日本酒などなど、
これらを飲んでキライになってしまうのだ。
ワンカップ酒の場合は、基本缶ビール(350ml)よりも高いものを選ぶべし。










[PR]

by anbsakura | 2015-09-23 20:52 | 飲む、食べる。


<< ワンカップ酒は劣化していた?・...      パウチパック酒の利点とは? >>