2015年 09月 28日
安い=売れる=人気≠美味しい
日曜日の夜にお酒売り場の棚を見ると
売れた酒のところが凹んでいます。
あー、これが売れ筋なんだというのが何となくわかる。

そこで気をつけないといけないのは
売れている理由である。

人気の理由は、やっぱりどうも価格なんですねー
前にウイスキーでも千円以下というのが目安じゃないか?
と書いたことがあるが、
日本酒の売れ筋もそれに近いですねー
2ℓパックで600円台から800円台後半というのが売れ筋のようです。

そして競合品となりそうな中で少しでも安い方が売れている。
今月のお買い得というようなカードがある商品ですねー

ということは特にこだわって飲んでいないのかなぁ…
これがちょっと自分の拘りからすると、どーなの?それ?
って思うのですよ。
まるで他の食品と同じじゃないですか。
まぁ、酒もそうだと言えばそうなんですけどねー

糖質ゼロなんていうパック酒も売れてる。
これネットを見ても評価が低いんですけどねー
全然、気にならないのかなぁ
それから米だけの酒っていうのも同じようなのが多いです。
アルコール添加のものより良さそうですから。
しかも大手の赤パックより安いというのもあるんでしょう。
600円台になるとかなり落ちると思うんですが・・
これいつも飲んでいるんでしょうか?

++++++++++

180ml紙パックの菊正ピンを半分飲んでみました。
ネットでは紙パックの中では、まぁまぁ飲める酒という評価。

かなりメリハリがあると感じますねー
そして少々アルコールを感じます。
しいてパンに例えれば、山崎パンのようなものかな。
評価としては食べれるけれど、やっぱ自家製パンの味じゃない、
って感じ。

※菊正ピンは900ml紙パックまでは糖類添加していないが
2ℓパックになると糖類添加となる別物になるので注意。







[PR]

by anbsakura | 2015-09-28 21:54 | 飲む、食べる。


<< 道路の側溝は自転車に危険性がある      ようやく見つけた >>