2015年 10月 30日
ますます怪しさが増すサイクルモード
今年も11月にあるんだそうな。

すでにほとんどの完成車メーカーはいなくなってしまっている。
ほぼ中身は空洞化しているのが続いているんですねー
今回もスカスカです、いくつかの問屋系の会社が残った。
おそらく販売店向けに出展せざるをえないのかも。
ブランドは聞いたこともない無名なもので水増ししている。

サイクルモード実行委員会って誰がオーガナイズしているのだろうか、
この組織の情報をネットで調べてもよくわからないのです。
どうもテレビ東京系が主催者なので、その関連企業のオーガナイザー?

そうするとイベントをやるのは無料奉仕でも何でもなく、
これで一儲けしようという営利目的化した性格のイベントなのであろう。
これが完成車ブランドが逃げ出した大きい理由になるのか?

自転車業界団体が自主的に運営する一年に一度の祭りではないのだ。
そうなってくるとブース出展費も主催者は高く設定していたとか
試乗車なども色々と無理な要求してくるとかあったんでしょう。

とにかく出展企業が昔と比べいろいろケチりだしました。

以前ならカタログなど当然無料でした。
その他にもステッカーやノベルティーを出すところも多かった。
行けば帰りにそこそこお土産もあったんですが、
そういったことも少なくなっていたらしいですからね。

本来なら入場料収入で出展費用を少しでも相殺させていくべきところ
オーガナイザーが持っていってしまうのかもしれない。
あくまで想像ですけどね。

といことで一般客という立場からしても
すでに主役が逃げた営利目的のイベントに入場料を支払うのも
愚かしいという気がする。










[PR]

by anbsakura | 2015-10-30 21:00 | BICYCLE


<< 情報機関が忌々しく思うこと_1      酒粕でにごり酒擬(もど)きを作... >>