2015年 11月 04日
カギを失くして・・
いつかはやりそうだという不安がありましたが、
ついにジョブナのカギを落としてしまう。

軽い気持ちでカギを手に持っていると
何かを掴んだりした時に落とすことがあり、
それからは意識的にズボンのポケットに入れるように
気をつけていたつもりなのですが、
今日、買い物から出てきてカギを開けようとしたらカギが無い。

あれ?、って焦って何度もポケットを探ったり
バックの中にあるかと思って中のモノを出してみたり、
買い物で歩いた場所に落ちてないか探したりしたけど見つからず。

あー、これは自転車置いて帰るしかないかと考えましたが
もしやお店にカギが落ちていたと届けがあるかもしれないと聞いてみたら・・
ありました!
あー、これで自転車で帰れました。

+++++++++++

拾って届けてくれる人がいてアリガトウ。
考えてみるとママチャリのサークル錠のカギって、
使い勝手からすると問題点がありますねー

これは設計アプローチに疑問が出てくる。

どこがおかしいかと言うと、
サークル錠がオープンの時はカギ本体ににカギが付きっぱなしということ。
したがって他のカギのように身に付けるキーホルダーと一緒にできない。
カギを掛けた時にキーだけを持って歩くことになるわけです。
これが落としやすい原因になってしまうのですねー

カギはオープンの状態では外せる方が
失う危険性が少なくなる気がしますけどね。
なぜこんな構造にしているのか・・
これ、盗難に強いサークル錠の場合無くすと大変だとおもう。









[PR]

by anbsakura | 2015-11-04 22:11 | BICYCLE


<< フレームジオメトリーが違うママチャリ      お気に入りのベンチを探そう >>