2015年 11月 11日
完成されたものには外すべき余計なものが無い
改めて自転車という乗り物の理念を具現化していくと
存在理由のツボというのか
自転車のアイデンティティを象徴する特長として
これは原理的原則ではないだろうか。

この原則に照らせば、
現在市販されている多くの自転車って、
いろいろと贅肉や余計なものまでが見えてくる。

さらに、
ユーザーがグレードアップと称して飾るのは、
本質であろうか・・

こういう概念思想にはKISSの原則が当てはまりそうです。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/KISSの原則









[PR]

by anbsakura | 2015-11-11 21:20 | BICYCLE


<< 広告の膨らませ方も笑える程度で...      タイのサイクルブーム >>