2015年 11月 17日
キャリアだけじゃダメなんです。
キャリアはあっても使われないことが多いです。

理由は・・
1)面倒だからですねー
いちいちゴムロープで縛る必要がある。
外す場合も解くという二重の手間がかかる。
2)それにスーパー等で買い物したレジ袋では縛りにくい。
実際にスーパーの駐輪場でレジ袋をキャリアに縛る人を見たことない。
レジ袋や布製のショッピングバックではなく、
キャリアに載せるのは鞄等のハードボディーでないと縛りずらいのです。

このためバックパック(リュック)やメッセンジャーバックを買って
人間が背負うことになるわけです。

++++++

つまりキャリアには+バックが必要なんですよ。
それも耐候性の高いモノですね。
2年や3年使えるサイドバックやパニアバックなどが無いと
キャリアは無用の長物と化すことになるわけです。

ところがそれも欠点があって、
1)まず日本の住宅事情だと自転車を室内に入れないのでバックがすぐに痛む。
2)キャリアとバックを合わせると重量が増えてしまう。
3)キャリアとバックを買うと購入金額が高くなってしまう。

ということになると、
カゴを付けることが1番合理的となってくるわけです。

+++++++++++

クルマの世界でもツーシーターのスポーツカーはわずかしか売れません。
いくら運動性能に優れ、デザインが良くても実用性に難があるからですねー

スポーツ自転車も同じことが言えるはずです。

軽量でスポーツ自転車にも似合うカゴをデザインして
クロスバイクなどに付けられるようなモノが
日本のサイクル市場に投下されないのは、
何故なのでしょうね。

a0034181_2364533.jpg









[PR]

by anbsakura | 2015-11-17 21:48 | BICYCLE


<< 到達している者の至言      これまでと立ち位置が変わると・・ >>