2015年 12月 26日
お蔵入り。
前カゴを付けオートライト仕様にしていたジャイアントのMTBですが、
いろいろ次に含むところがありほぼ完全にバラすことにした。
ここまでバラすと組み立ては最初からになるので、ほぼお蔵入りになる。

しかしバラして判ったこと・・
a0034181_1756256.jpg
このフレームが重い。。
正しく言うと一見細いサスペンションが相当重いのですねー
※ジャイアントでもローエンド機のROCK。
重くなるのは鉄部品のチェーンやBBなどが付いていると分からないですが、
それを取ってもまだ重かったのです。

これは普段使おうとするような街乗り条件にあって、
無駄としか思えない装備品となっているとおもった。
これだけ重いサスペンションがあっても、
日常での利点はほとんど無いと言っていいから、
これならサス無しの方が合理性があるはずです。

やはり重ったるく感じていた理由は、
ここにもあったのだろう。

しかし近年サスのストロークが長くなっているので、
もしノーマルフォークを付ける場合は長いリーチのものにする必要があります。

考えてみると
MTBが下火になった理由には、
安いMTBを下手にサスペンション化したことにも一因がありそうです。
初期のころはサスペンションが無いのが普通でしたが、
今でもその頃の安いMTBが使われているのを見るのに、
反対に年式の新しいサス付きのものは見かけないですからねー






[PR]

by anbsakura | 2015-12-26 19:31 | BICYCLE


<< ぷっつん。      見えなかったもの >>