2016年 01月 09日
知名度
日本酒というのも実力というより知名度によって
人気を左右されてしまうとおもう。

喩えると、国会議員のようなものかも…
マスコミで取り上げられれば有名になり、いつしか全国区になる。
知名度が高くなれば「スッカラカン」でも・・

反対に有能な立候補者でも無名なら落選。
地方では支持されていれば安泰であるが、
県外の人は全く知らないということになる。

++++++++

それが外国の議員だとすれば・・

昨日、某ディスカウントで見つけた見慣れぬ瓶の酒。
安いので手に取ると意外に立派な瓶のお酒。
これが149円。
a0034181_17384784.jpg
安いのだが、すでに12月末で賞味期限切れしていた。。
イタリアのお酒です。
中身は発泡酒って書いてあります。
正体もわからないので棚に戻し名前だけ記憶して帰る。

で、帰ってこのお酒「バラデンスーパー」を調べると・・・

クラフトビールです。
添加物が入っているため発泡酒扱いになるようです。
そして・・驚くのは通常の定価だと1500円(750ml)もするようです。
つまり定価の1/10。

おそらく去年の年末に処分品を仕入れたのが残ったままになっていたようです。
実にディスカウントらしい商品。

誰も知らないもんなぁ。
でも、イタリアではもっとも知名度のあるクラフトビールのようです。
実はイタリアのビールって1990年代から始まったらしい。
実に最近のことなのだ。

まぁまぁ、そういったことで今日残っていた2本買ってきました。
ベルギービールのように合わない恐れも多分に含んだ上で・・

+++++++++++

ダイナモをバックステーに取り付けた。
台座が無いので緩むと回ってしまうので、
正規の取り付け方ではないです。

a0034181_1739165.jpg





[PR]

by anbsakura | 2016-01-09 20:52 | 飲む、食べる。


<< 最高のビールでした!      ダイナモライト一体式を分割して... >>