2016年 01月 16日
アップハンドルって市街地専用ハンドルだと思った。
ビアンキでサイクリング道に出る。
近くにある小貝川で佐貫のドンキを目標に走る。
安全なのはいいけど広がった風景は周りが流れていかないので、
アップハンドルだとスピード感も無くつまりません。
アップハンドルは確実にスピードが落ちるんですよねー
これは風の抵抗ではなく、体重のバランスでそうなります。

a0034181_18484275.jpg

そーゆーことでジョブナとそんなに違いが無いともいえます。
アップハンドルが生きる場所は市街地なんだなぁって思う。
大地が広がったカントリーな道だとスピードの遅さが目立ってくる。
田舎で自転車に乗らないのは案外こんな理由かも。

ドンキは意外と混んでいた。
別に特別安いわけではないんですけどね。
また酒売り場で何かないのかって見ていたら…
ドイツビールが一瓶150円・・だったのでそれ一本だけ購入。
ピルスナーのもの。

帰りは逆光。
6号で帰ってやまやに寄っていく。
a0034181_18485970.jpg

[PR]

by anbsakura | 2016-01-16 19:26 | BICYCLE


<< ママチャリ文化圏外      バラデンスーパー VS インドの青鬼 >>