2016年 02月 07日
ビアンキとジョブナの違いは?どっちもローテクなので…
有ると言えば有ります、
が、
違うかと言えば、違いは無いというのか…

それぞれのパーツとフレームの違いがあり
例えばフレームが三角形のビアンキはそれだけでジョブナよりヨレが少なく、
ハンドル幅がビアンキの方が狭いのでそれだけで違い、
ホイールとタイヤがカッチリとしたビアンキの方がジョブナよりしっかりしている。
変速が7段と変速3段だとビアンキの方が使いこなし易い。
カギがサークル錠になっているジョブナの方が便利。
トップチューブが下にループしているジョブナの方が乗り降りし易い。
泥よけと全カバーのあるジョブナの方が日常使用において機動性がある。

走行性能は若干ビアンキに分があり、
使い勝手ではジョブナに分がある。


ま、どっちにしても整備性は同じローテク自転車なので
それが自転車本来の長所になっていると思いますね。

ある程度は使う本人の自由意志によって直(改造)して使うことができているのです。

++++++++++

ちょっとこの辺が最近のスポーツバイクにおいて疑問になっているところ。

というのも…

毎年のようにメーカーがメンテナンスセミナーや講習会を開催、
小売店の店主が参加するようになっている。
それを受けないと新製品の取り扱いできないというように、
メンテナンスがいかにも小難しいものになって来ていますからねー
したがってメンテナンスをユーザーが手を出ししづらくなっている訳。

思惑はどうやって利益を出すか・・
ユーザーには利益にはなって来ないと思いますねー


ビアンキPhoto 2
a0034181_18133333.jpg
a0034181_18134881.jpg
a0034181_18141338.jpg




[PR]

by anbsakura | 2016-02-07 13:24 | BICYCLE


<< どんどん小さくなっているフロントギア      ビアンキPhoto >>