2016年 03月 03日
カタログに無いハンドルバーを調べてみた
主に画像検索でハンドルの型番を調べてみたものです。
調べればまだ出てきますが、とりあえず4タイプあげてみます。
いずれのハンドルバーも幅広のものとなるため、
元々小さめサイズのママチャリだと、どーかなぁ?って危惧はあります。
現物合わせしないと似合わない可能性があります。
ママチャリはハンドルバーにしても女性に合わせたサイズなんですよ・・

したがって男性に似合うような自転車にするには
このくらいのハンドルバーから合わせて全体設計すれば、
ゆったり乗れる自転車となるはず。


++++++++++++

NITTO B2522
街乗りバイク用プロムナードバー。
ハンドル幅570mm、ライズ(高さ)はゼロになるため少々前傾姿勢となる。
前に積載物を載せても安定するのでカゴ付きにピッタリ合う。
ただしクランプ径が26.0mmなのはママチャリの標準ステムでは合わないですねー

B2522
B2522 posted by (C)So

P-b2522
P-b2522 posted by (C)So


NTTO B352 アルバトロス
コミューターバイクなどの自転車に。
ハンドル幅は550mm、これもかなり広めのハンドルバー
ブラック仕様もあり。

B352
B352 posted by (C)So

N-B352
N-B352 posted by (C)So


NITTO B354
BLUE LUG(shop)依頼の別注ハンドルb354 heron bar(ヘロンバー)。
ハンドル幅は630mm

B354
B354 posted by (C)So


NTTO B356 M's Bar
素材(クロモリ)
上から見るとハンドルがMに見えるためM's。

B356
B356 posted by (C)So

詳しくは型番をGoogleで検索すれば
もう少しわかると思います。










[PR]

by anbsakura | 2016-03-03 22:17 | BICYCLE


<< 道の偏差値      カタログに無いハンドルバー >>