2016年 03月 06日
ノンアルコールビールにウイスキーを足す実験。
単価75円(税抜き)、500ml、麦芽100%、原産国ドイツ、
というのが「業務スーパー」で売っていたから1本買ってみた。
注)業務スーパーとは特に業者向けでもなく神戸物産が展開する安売り店です。


※写真は画像検索でお借りしました。

本来ならノンアルコールはアルコールゼロなので酒税がかからないから、
第三のビールよりも安く売れるはずなのですが・・・
でも国内メーカーのノンアルコールビールは、
ほぼ第三のビールと同じ値段ですねー

このドイツから輸入したノンアルコールビールが安いのは
この価格で売れるということだとおもう。
さて、これなら国産ノンアルコールやホッピーよりも安いので
焼酎で割っても第三のビールよりも高くならない。

ただここは焼酎ではなく
同じ麦を原料とするウイスキーで割ってみたい。
ウイスキーはブラックニッカクリアにします。

++++++++++++

まず何も足さずに少し飲んでみる・・
うーん、後味が少しビールより強い味わいというか…
やはり何となく物足りないと感じますねー

そこで少しウイスキーを入れて飲んでみます。
はい、これは狙い通りですねー
クリアはウイスキーでもウイスキー独特の癖は無く
甲類焼酎よりも味わいがあるため、
ノンアルコールビールにより旨味が増しますよ。

ただちょっと500は量が多いなぁー
使うウイスキーの量に制限を設けて考えると薄い割り方になります。
やはり薄すぎるよりも濃い方が美味くなりますからねー

この缶を開けた時は泡が多いのですが、
置いておくとすぐに弱くなってしまうので
なるべく大きなジョッキに全部入れた方がいいみたい。

さて評価としては…
麦芽100%のビール500mlと比べれば半分くらいの値段で飲めて、
炭酸を買ってハイボールで飲むのと同じと考えたら、
これは悪くはないのでは。
★★★☆☆











[PR]

by anbsakura | 2016-03-06 22:22 | 飲む、食べる。


<< ボトルデザインから作り出すもの      道の偏差値 >>