2016年 03月 10日
ボトルデザインから作り出すもの
ジョニーウォーカーの赤を開けてみました。
このウイスキーはその昔に今のように飲み慣れていない時に買って来て、
あまりに予想と違って美味くないのでダメ出ししたものだ。

今日はまだちょっとだけですが、結果は飲めた。

むしろブレンデットとして完成度が高いというか、
安いウイスキーの場合、最近は少し上のウイスキーと混ぜたりするけど、
これはこのままでも飲めますねー
かえって下手に混ぜない方がいいかも、です。

その前に開けたサントリーの白角はキツかったので、
色々と混ぜてしまって元からほど遠いものになっているのですけど…

店頭価格はジョニ赤は価格のバラツキが大きいのだが、
安い店なら白角とほぼ同じなんで、
(もう少し飲まないとわからないですが)
これならジョニ赤になりますねー

+++++++++++

ところでウイスキーは香りも味に与える影響が大きいですが、
もうひとつは瓶のデザインが与える影響力があると思う。

飲む時はボトルを目の前に置いて飲む方が趣が出る。

そのジョニ赤のボトルは目でみても洗練されています。
味もそんな感じがしますねー
スコッチの有名銘柄はだいたいボトルに凝っているが、
これは広告の宣伝では作れないコトが生まれてくる。
無名スコッチのボトルは丸瓶でラベルだけのデザインだけというのが多い。









[PR]

by anbsakura | 2016-03-10 23:12 | 飲む、食べる。


<< ボトルデザインの作り出すもの、続き      ノンアルコールビールにウイスキ... >>