2016年 04月 11日
お酒の軽チャー化が進行中?

スーパーの棚や冷蔵ケースに※RTD飲料が増えていますねー
実際に他の酒類の販売額が減っている中で毎年増加しているそうです。

※RTDとは業界用語で「Ready to drink」の略で、
焼酎やウォッカ類をベースに炭酸水や果汁を加えてある飲料を指します。
栓を開ければすぐに飲めるチューハイやカクテルなど、手軽にいつでも飲めるのが特徴。
ウイスキーでもハイボールが出ています。

そしてもうひとつ気づいたのは
あの大きな焼酎のペットボトルが前ほど置いてないような・・気がする。
ビールの箱売りも減っているのに続いて、
大容量の甲類焼酎を愛飲していたヘビーユーザーも
縮小傾向なのかもしれません。
もっとも地域によって違っているでしょうが…

でも、これが酒文化?として
良い方に進んでいるのかって考えたら
RTD飲料ってそういうお酒ではないと思うんですよねー











[PR]

by anbsakura | 2016-04-11 21:13 | 飲む、食べる。


<< 売れていても情報が無い商品      水の違い >>