2016年 07月 07日
ママチャリとコンビニ
買い物をするのに自転車は便利なのはわかっていますが、
では何故、少し都心から離れるにしたがい、
利用が少なくなるのか?

それと関連性が高いのが・・
「駐車場」だろう。
駐輪場ではなく「駐車場」である。
つまりクルマがいつでも停められるスーパーなら
少し遠いだけで自転車で行かなくなってしまう。

都内で自転車の利用が多いのは
逆に「駐車場」が絶対的に不足しているから
自転車を使わざるを得ない…
とも言えるのだ。
そういう意味で自転車と駐車場とは奇妙な関係性がありそうです。

++++++++++++

ではコンビニではどうだろう。
スーパーと同じような出店分布図だわかるサイトを見つけた。
http://cvs-map.jp/map

あらためて地図上でプロットされているコンビニを見たら・・
都内は異常に数が多い。

ほんとうにコンビニが多いのだ。
コンビニも駐車場はなかったりするが、
でもこれだけあると今度は、
自転車でなく徒歩になってしまうぐらいです。
つまり都内だと自転車も必要ないかもしれません。

では、自分の周りだとどうなっているかというと・・
最近のコンビニは駐車場を大きくしているんですねー
4-5台程度だったのが10-20台と停められるような展開しています。

これは明らかにクルマのためのコンビニなんですねー
つまり都内とは少し利用の仕方が違うのだとおもう。
コンビニはクルマで途中寄り道するためにある店なのです。
プロットされた場所はいずれも主要な道路沿いにあり、
住宅街の中には存在しないのが特徴です。


まぁ、つまり買い物には
コンビニには自転車はあまり使わないってことになりそうです。
実際自転車は・・あまり来てないとおもう。








[PR]

by anbsakura | 2016-07-07 22:30 | BICYCLE


<< ブロックダイナモ再興      買い物拡張ツールとしての自転車 >>