2016年 07月 21日
イオンのPBビール(韓国)を飲んでみた
鳥越俊太郎という風雲急を告げる話題があるのですが…
それは他にも取り上げられるだろうということで。。

先日PBビールが半額だったので買ってきた。
これまでPBはまったく飲んでいませんでした。
第3のビールで90円未満ですが、国産の第3のビールが100円ですので
わざわざ買ってまで試したことなかったわけです。

ところがビールのPBが半額でそれより安く売っていたので、つい…

PBビール
PBビール posted by (C)So
*写真はSNS投稿写真より借りました。

韓国のビールというと水っぽいとか薄いって言われてますねー
そういう情報もあるのであえて買うつもりはな無かったのですが、
ビールで、しかも賞味期限もまだ4ヶ月残っています。
後で調べると、どうもリニューアル品に置き換わるので棚落ちみたいです。

さて…飲んでみた感想。

ビールの味の違いがさほどわからないわけだが
これは飲める…いや、けっこういいです。
ラガービールということで自分の好みに合っています。
このイオンバーリアルはハイト麦酒に生産委託しているらしい。

+++++++++

ところで韓国のビールメーカーって日本と全く関係無いかというと…
すでに資本関係は無いですが、前身は日本のビールメーカーの子会社だったのですねー
歴史的経緯は・・・

■ハイト麦酒(The Hite Brewery Co., Ltd.)
旧大日本麦酒(現アサヒビール/サッポロビール)の子会社・朝鮮麦酒が前身で、
「クラウン」ブランドで知られ、韓国のビール業界で万年2位といわれた企業でしたが、
1993年に「地下150mの岩盤天然水で醸した」というコピーで「HITE」ビールを発売し、
トップシェアに躍り出ます。
1998年からハイト麦酒に社名変更。

■OB麦酒(Oriental Brewery Co., Ltd.)
前身は麒麟麦酒の子会社「昭和麒麟麦酒」です。
「鏡月GREEN(焼酎)」「清河(清酒)」などと同様に、斗山グループの一員でした。
主力の「OBラガー」はハイトとともに韓国を代表するビール銘柄ですが、
ハイトに押されて苦労しているようです。
最近、OBのビール部門はベルギーの巨大ビール会社「Interbrew(インターブリュー)」社
の傘下となりました。







[PR]

by anbsakura | 2016-07-21 22:30 | 飲む、食べる。


<< ジョギングにならないジョギング      SNS層 >>