2016年 07月 26日
自分は売れる自転車の色が分からない
どうも世間的には自転車を買う時、
フレームカラーは重要なこだわりがあるようなんですねー
したがってメーカーにとっても
新年度の色みたいな
そういうところにはすごく神経使っているようです。
色によって売れ方がずいぶん変わってくるらしい。

でも…
自分はこれがはっきり言って分からない。
自分の気にいる色ならいいなぁっておもいますが、
そもそもそんな良いカラーの自転車って少ないとおもう。

自分は渋い色が好きだし、そればかりでなくビビッド系でもいいし、
あるいはチタンクローム系も好きだし、ナチュラル系でもいい。
そうなると意外とそういう色の自転車が無い。

でも…実際は
かなり単純な色、わかり易い色というのが多い気がしますね。
これは国産の自動車でもそうです。

これは自分の色の対する嗜好とは違うわけで
そうなると少数な部類に入るのかもしれません。

したがって自分は自転車の色に対して、
「これが売れる色だ」と自信を持って当てられない人なんだとおもう。
実際売れている色はどれかわかりません。








[PR]

by anbsakura | 2016-07-26 23:59 | BICYCLE


<< 谷垣さんのケガは大変なケガをさ...      50億は無駄ではなかったようだ >>