2016年 08月 10日
グルメでもない僕が不思議に思うこと
暑いので久しぶりに第3のビールを買って飲む。

季節限定を含めいろいろな種類があるので
たいてい飲んだことが無いのを選んでいるが、
これまた値引き品のがあったので、それにした。

買ったのはキリン「のどごし生」の季節限定で「晴のどごし」っていうの。
さて、この「のどごし生」ってよく売っていましたが
飲んでみたことがない。
何故がというとパッケージデザインが…どうも引っかかる。
何となく安っぽい缶のデザインじゃないですか。
買わない理由はそれでした。

ところが、Amazonなどちょっと調べると・・
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/food-beverage/71594051
意外と売れていたのです!
というか、おそらく金麦と並ぶ売れ筋。びっくり。
レビューも金麦とホワイトベルグに並んで多いですよ。

そんなに美味しいの?

というのがどうもあやしい。
金麦だって美味いですか?
いくつかのお酒好きレビューサイトを見ても評価が高いとは言えない。

んー何でだろう?
いつも思う…
味覚は人それぞれはわかるんですが
多数を占めるのが、それほどでもないものになるっていうのはどうして?
これだけではなくて、食べ物全般に言えることですよねぇ。

+++++++++

さて、「晴のどごし」の味ですが
「のどごし生」とは製法が違うそうで
オリジナルのレビューになりませんでした。

最初は悪くないな、って思いましたが
残り1/3ぐらいでやはりビールよりまずいなぁって…終わります。
350ml一本で充分、500mlは飲めない。










[PR]

by anbsakura | 2016-08-10 22:36 | 飲む、食べる。


<< ちょっとメダルの数が多い理由は・・      少しお酒に飽きている >>