2016年 08月 21日
ユーザーの機材偏重が利用されている
オリンピックとSMAP解散のメディア騒動の裏で
ネットでは「PCデポ」に関する問題が拡散中です。

詳しくは調べてもらうとして、
ひらたく言えば知識や操作に疎い高齢者などが
困って相談すると高額なサポート契約などに加入を勧められ、
あとで契約解除しようとすれば、また高額な手数料を請求をされ騙されるという話です。
これが東証一部の企業なのにマスコミは取り上げない。

今の時代、相手の無知を利用してくるので
騙し方はだんだんいやらしくなってきている気がします。

さて、これはいろいろな業種でやっているのだろうが
気づかないでいることもたくさんあるはずです。

++++++++++++=

自転車だって例外ではないと思いますねー

やっぱり無知につけ込んでくるところはあると思います。
それに気づけばいいんですが…
あとで散財してしまったと気づいても後の祭りです。

まぁたとえば初心者に50万もの自転車売るなんてところはおかしいです。
自転車なんてシンプルな機械ですよ。
冷静になってみればわかるんですけど…

ひとつ比較するなら
職人が使う道具が家庭用に比べて高いものであっても
それは必要以上に高いものでもないはずです。

まずこの基準方法から自転車を見てみることが
どのあたりの価格で妥協できるのか見えてくるとおもうんです。





[PR]

by anbsakura | 2016-08-21 23:22 | BICYCLE


<< PCデポ サポート問題の詳しい経過      オレンジ色の外灯 >>