2016年 09月 06日
予算別、飲めるという意味で
安くて旨く飲める
酒別価格帯について考えてみると・・

◎ワインは500円以下でも美味しく飲めるのがある。
アルパカとかプードゥのチリワインは自分は十分これでいいとおもった。
事実、最近はワンコインのワインが売れ筋らしいです。

◎日本酒だと500円以下は無くても、1000円以下でもうまいなぁ。
1000円以下のウイスキーだったら日本酒の方がずーと旨く飲めるはず。
乙類焼酎と比べてみると、自分は醸造酒の日本酒を選びます。
焼酎は開封後に保存が効く事が大きなメリットなんで、
前にはそういう理由で買いましたが…

◎1000円になると安いスコッチですかねー
あまり種類を飲んでいるとは言えないですが、
バランタイン、ジョニ赤、デュワーズ、ティーチャーズ・・
(DSや量販店だと1000円前後で買えます、)
ここらあたりからは炭酸で割らなくても飲めますからねー

◎甲類焼酎はあまり飲みたいという気にならないのは
やはり味わいが無いからでしょう…
何かで割って飲むという飲み方が自分は好きではありません。









[PR]

by anbsakura | 2016-09-06 22:58 | 飲む、食べる。


<< 内装3段 ⇔フルカバーチェーンケース      超シンプルな組み合わせ >>