2006年 11月 13日
16,000円コストダウンしたトランジット・ライト
トランジット・ライト、シングルギア。おいらの所有している折り畳み自転車
a0034181_22473632.jpg

BD-1が10万円。半額5万以下になるとDAHONかコレぐらいしか選べなかった。
強度や品質などを考えたらコレになりました。

その後に外装7速が出てきました。
今年になってシングルギアと内装3速が生産中止になり、(7速は継続生産)
おいらの自転車はすでに絶版になったわけです。

かわりにこのスニーカーライトが発売されてるのを知った。
a0034181_22485811.jpg

多少重量が重くなっているけど、ほとんど一緒の自転車に見えます。
でも、よく見るとフレームの補強ガセットが違っていたので別のフレームです。

それにしてもおいらのが定価で42,800円だったのが26,800円です。(約6割の価格)
しかも泥よけとライトが付属してます。
どうしてこんなに安くできるのでしょうか?
一見するとおいらは損したかのようにおもいました。

しかもおいらの自転車を見てもしっかりした部品が付いてますが
けっして高価な部品はひとつもありません、いわばベーシックな自転車です。
買うときは多少高いように思いましたが、
それでもそこから1万6千円も安くしていいのでしょうか?

ということで、パーツも見直されていないわけがありません。
おいらの自転車の品質基準より落としてきているわけです。
これも市場に合わせるためなのでしょう、しかしちょっと極端すぎますね。
あまりいい方向ではないのはわかっているでしょうが、
ブリヂストンは自社の品質基準を下げてきたわけです。

国産メーカーの問題のひとつに製品を育てていくのが苦手のようです。
トランジットライトの場合でも、いくつかの問題がありました。
ところがすでに所有している人へのアフターパーツはひとつも提供されてこなかった。

これはイギリスだかどこだかの自転車。
a0034181_22533188.jpg

こんなハンドルが装着できたなら、散歩以上のサイクリングだってやれる。
トランジットライトのショートホイールベースの欠点を解消してくれる。
ユーザーが使いやすいように変更できる自転車になっていたならユーザーも増えていく。
BD-1やダホーンのような固定ユーザーが生まれてきたはずです。
そうなれば、こういった安売りの道にいかなかっただろうにとおもう。


★検索から訪問される方が多いので補足した記事を書きました  07/11



ブリヂストンのスニーカーライトは自社製品ですが
パナソニックはダホーンのOEM品を量販で販売してますね。(Punch)
この店で見た時には2万ちょっとだったように記憶してます。
a0034181_2330547.jpg

[PR]

by anbsakura | 2006-11-13 23:07 | BICYCLE


<< 「風まかせ」から「空まかせ~二...      芸術家なら誰でも自転車の美は理... >>