2007年 03月 06日
神を信じる人(国)と、人を信じる人(国)
学生の頃は統計とか見るのがスキでした。
しかし最近の新聞のアンケートなど数字というのを見てると
使い方を誤れば印象操作に使われてるようで見方がかわってしまいました。
あくまで目安として「そーなのかなー」ぐらいにした方がいい調査もあるわけです。

そんな中でちょっとおもしろいデーターを集めてるHPがありました。
その中からふたつの調査を合わせて比較すると何かその国が見えてきそう。

おいらは外国人が考える「神」と、日本人の「神」とは同じとは思わない。
それでも日本人とどのように違うか考えるには面白いグラフかとおもいます。

*クリックで拡大  http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/9520.html
神は存在する


*クリックで拡大  http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/9510.html
人はだいたいにおいて信用できる

神を信じる人が必ずしも人を信じないというのはふつうなんですね。







■  [PR]

by anbsakura | 2007-03-06 21:17 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kazamakase.exblog.jp/tb/5205023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 韓国の自転車事情      ニュースの料理人 >>