2009年 08月 03日
頂上作戦?
おいらの近くでもふつうに走る姿が多くなったスポーツ自転車、
たぶん扱う店も増えたはず・・

a0034181_2375491.jpg

そう思って代表的なジャイアントの販売ディーラーを数えてみた。
比較は以前においらが数えてた2007/02のもの

たぶんあの時よりも多くなっていると思って数えたら
東京だけが突出して増えていましたよ。
( )内は2007/02の時の販売店数

23区都心部  32
23区南部   64 
23区西・北部 75 
23区東部   65 
多摩北部    66 
多摩南部    32
 計     334(112)

東京は扱う店舗が3倍にも増えてた。
しかし千葉は逆に減って、埼玉、茨城は横ばいです。

さいたま市・川越市・川口市 45
埼玉県下          71
  計           116(118)
 
千葉  95(102)
茨城  22(20) 


これはジャイアントが東京で売れてるというだけの増え方じゃないですよね。
東京のマーケットに集中して増やしたといっていいでしょう。
狙いはジャイアントブランドを東京を上流にして全国に浸透させる作戦なんでしょうか。


  
[PR]

by anbsakura | 2009-08-03 23:12 | BICYCLE


<< 多店化戦略      江戸の道は自転車にとって理想だ... >>