カテゴリ:飲む、食べる。( 166 )

2016年 02月 28日
悩んで、、ヤメ!ヤメ!
ジャパニーズ・ウイスキーは原酒不足ってことで、
すでにニッカとサントリーでは終売品や値上げをしている。
さらにキリンも「富士山麓」が値上げすると公表しています。
希望小売価格が1500円らしい。
そうすると値上げ後は安売り店でも1200円ぐらいか?

去年1本を798円(税抜)で買っておいたのだが、
つい…もう1本と別のところで売っていたのでやはり同じ値段で買う。
ん・・どうなんだろうなぁ、良かったのか…
というのも、ウイスキー飲み始めの頃の記憶で判断。
もう、わかりませんからねー

+++++++

さらにボストンクラブは終売になるが、
二種類あるうちの淡麗の4ℓペットボトルが某店で3000円ちょっとで置いてある・・
これは安い。
大容量だが計算すれば、チビチビ飲んでも半年もせずに無くなるはず。
「凛」や「トリスブラック」よりもちょっと高いだけですよ
うーん、でも飲んだこと無いのに大容量は…
このあたりのウイスキーは地雷の可能性がありますからねー、悩む。
で、二週間ぐらい考えたw

ネットなんかでレビューを参考にするのだが、
みんなハッキリ不味いとは書かないんですよねー
このあたり日本人って「配慮」で、悪い場合だとボカします。
自分でもそう書いてしまうことがある。

でも、これは読む人にとっては迷いますよねー
結局、ある人の評価を読んでヤメましたよ。

サンプルは多くないが、
全般的にあまり積極的に評価されていないんですよねー
それに競合品のブラックニッカクリアは売れているのに、
ボストンクラブ淡麗は今ひとつ売れなかったのは理由ありそうな気もします。
このあたりの価格では自分の中では、
最低限をクリアしない可能性が高いと判断しました。

しかしレビューの書き方を考えてみる参考になりましたねー
独断でもいいからハッキリと自分の意見は書いた方が読み手には助かります。
それが個人サイトの存在価値なんだとおもう。












[PR]

by anbsakura | 2016-02-28 21:09 | 飲む、食べる。
2016年 02月 20日
リピート買いの方程式

耐久消費財や衣料品、あるいは雑貨類もそうですが
一度買えばしばらく買わないのと違って、
食品っていうのは繰り返し買う商品である。

これはつまり、特定の人がヘビーユーザーになって呉れれば
コンスタントに売上げが保証されるわけです。

先月空き瓶を資源ごみの日に合わせて置きに行った時のこと。

ある日本酒ばかりたくさん置いてあった。
普通酒ではなく4合瓶の吟醸純米酒です。
が…相場から考えるとかなり安い値段で売っている日本酒です。
あ、これはあそこの店しか置いてないお酒ですよ・・
つまりこの人がヘビーユーザーとなって買っているのだな。
ちょっとした発見をした気分になった。

で、考えると
そういう毎回買うにはお手頃な値段でないとならない。
ちょっと高いお酒になれば続かないでしょうし、
別のお酒を飲んでみたくなるでしょうからねー
つまり自分が今しているように。

ということは…
売れるお酒を考えて製品開発するわけですが、
いかにこういったヘビーユーザーを取り込むか、である。
そのためには・・・
どうしてもリピートされるには安いものに必然的になってきますよねー
大手メーカーがなぜ安いパック酒を出すのかといえば、
こういった方程式になっているからなんでしょうねー

+++++++++++

さて、
この前から飲んでいるにごり酒の五郎八ですが、
かなりハッキリした甘く強いお酒です。
しかし、何度となく飲んでいたら癖になってくる味わいなんですねー
意外にちょっと、これはこれって思う。
これ、次もリピートしたいお酒では無いのですが、
年に一度という季節商品となっているのは、
やっぱり冬になると、また飲んでみたくなるのだと思う。
これは季節を跨いだリピート商品なのだ。

八海山はちょっと長く置いたら最初よりも良さが消えてしまった感じです。
勿体無いってことで、少し長く置いてしまいました。
普段食中酒として飲んでいますので、
もっと気楽に飲めた方が自分には合っているとおもいました。。
それから4合瓶というのは自分でも少ないと感じます。
やはり一升瓶というサイズはお酒を飲むには丁度適しているといえるかも。









[PR]

by anbsakura | 2016-02-20 21:47 | 飲む、食べる。
2016年 02月 16日
1kg増量中。
昨年夏から減量中ですが
75kg台に入ってからピッタリ止まっています・・

さらに少し増量中で76kg台。

でも開始から11kg以上落としているので
過度に気にしない方がいいのかもしれません。

こんなニュースがありました。
「糖質制限」「おやじダイエット部の奇跡」の著者、急死。

まぁ、ここまで過激なダイエットはやっていないので心配ないですが、
→寒くなると代謝が悪くなり、
→体を温めるため糖質が必要になる。
→そのため冬に餅食ったり、
たくさん食べるようなレシピになるのは理にかなっているわけ。

ということで、
冬はダイエット無理せずに
また春から…でいいのかもしれませんね。





[PR]

by anbsakura | 2016-02-16 20:10 | 飲む、食べる。
2016年 02月 12日
頭が痛くなる…
さて、前に書いたように
日本酒がまだある。

次に開けたのが八海山の吟醸。
これ、クリアーですねー
ホントにクォリティが高いものって
実は派手でもなく大人しいものだと思うんです。
旨いインパクトはないけれど品格というのが出ているというのか…
美味しいお米とかお豆腐とかと同じような…
ちょっと普段飲むのはもったいないです。

なので、飲み切る前に次のお酒も開けました。
にごり酒の五郎八です。

これは・・八海山とは反対の日本酒ですねー
強い甘さと作ったような美味さです。
したがって飲みやすいのですが、ゴクゴク呑んでしまうと、
その後に酔いがまわって来ます。
アルコール度数が21度あるんですよねー
これがかなり効きます!
何故かウイスキーよりも酔いが来るのが強いような気もする…

そして頭が痛くなってしまった。。
最初は水曜日に飲んで、頭が痛くなり、
寒かったせいで風邪をひいたのかもしれないが、
具合が悪くなってしまいました。

そして今夜、改めて飲んでみた。
やっぱり少し頭痛がしてくるようだ。
どうも自分にはちょっと合わないお酒かもしれないですねー











[PR]

by anbsakura | 2016-02-12 21:27 | 飲む、食べる。
2016年 01月 31日
大手の大吟醸
お正月の後に近くのスーパーや量販、ディスカウントを周った時に買った日本酒。
いずれもほぼ半額で手に入れたもの。

a0034181_17405394.jpg
このうち八海山の吟醸と、五郎八は昨年の11月のもので新しい。
新店開店で残ったものを安く売ったらしい。
日本盛の大吟醸は1年前のもので・・
ちょっと考えたが化粧箱入りで光には触れていないってことで…購入。

まずその大吟醸から飲んで・・今日で飲み終わった。
大手のは一升瓶でも2000円ぐらいで買えるもの。

期待はそれほどしていなかった割には柔らかくフルーティーな香りがする。
味に関して詳しく表現するのは難しいけれど
買った値段(948円+税)からすればw
不満があるはずも無い。

自分のような日本酒に詳しくなく、
仔細な味にこだわりが無いなら、
大手の大吟醸でもいいと思ったしだい。










[PR]

by anbsakura | 2016-01-31 20:31 | 飲む、食べる。
2016年 01月 24日
空き瓶も溜まって…
ウイスキーの瓶など
それぞれデザインされていて
単なる空瓶として捨てるのは惜しくなる。

そういう訳で捨てるのをためらっている瓶が出て来ます。
ジョニーウォーカーはとても洗練されたデザインだし、
フロム・ザ・バレルの真四角も捨てがたい。
旧パッケージになったハイニッカは昭和の雰囲気もある安っぽさがいい。

とはいえ空瓶コレクターになってはいけないので
これまで飲んだ空瓶も悩みながらもかなり捨てていますけどねー

今度の白角の空瓶、
ウイスキーを抜いて空にすると
白いラベルが、黄角や黒角ラベルよりも清楚感が引き立っている。
これまた捨てがたいキレイな瓶である。

さて…これはどうしようかと
思案中。





[PR]

by anbsakura | 2016-01-24 21:58 | 飲む、食べる。
2016年 01月 23日
お酒が溜まってしまって…
ウイスキーは前からストックがあり、
ここにきて日本酒も買うようになって…
さらにちょっとビールなども。。
あと前に買った芋焼酎と麦焼酎のストックも、、ある。

ていうことでお酒がキッチンに溜まっている。
こういう状況は自分の中でかつて想像もしなかった。

お酒って、業界の努力で
今はみんな美味くなってるのだと思う。
かつては家電や自動車や精密機械などを買うために使ったお金は、
今は食品に使う方が有意義になっている気がします。

問題は酒税です。
これが美味い酒を飲む妨げの原因になってしまい、
それがために、多くは知らずにいるようなことになっている気がします。
みんなが安い甲類のカクテルを買うようになってきていたり、
最近の若者の酒離れを防ぐにも、
美味い酒が安く飲めるようにすることじゃないかとも思う。
(お酒ってほぼ国内生産品で、
中国などで生産された工業製品に比べればコストは高いのだ。)

++++++++

さて、ウイスキーですが
千円以下のウイスキーって今ひとつカドが立って薄い。
そこでハイボールっていうやり方になっているようですが、
自分はブレンドしちゃえばいい、
という手を使う。

a0034181_1730147.jpg
響の瓶にあるのはほとんど白角です。
響は1割ぐらいのブレンド。
実は去年の秋に間違って響を買ってしまいました。
あれ?安い!と見て買ったのは12年ではなくノンエージだったのだ。
ラベルに「12」が入っていないだけで似ています。
全部飲み切ってしまう前に、
この原酒を安いウイスキーと混ぜてしまえば
また少し美味いウイスキーになるかも…という企みです。
白角を選んだのは、飲んでいないことと同じサントリー。
今年値上げするというのもあります。


ネットで探してもそうやっている人はあまりいないですねー
みんなオリジナルのままで飲み切っているみたい。
料理の味つけと同じでちょっと足してみればいいのでは…




[PR]

by anbsakura | 2016-01-23 22:15 | 飲む、食べる。
2016年 01月 12日
豊かで贅沢を感じるビールでした
これまではお酒を選ぶ迷いに対し
どうやったら間違いない選択ができるだろうかと考えていたけれど、
そのマジメな追求の仕方から脱して、遊べばいいと最近分かって来たのかも?

要するに一種のギャンブルだと考えてしまえばいいわけですよ。
投資した金額にして満足感が高ければ勝ちで低かったら負け。
収支がトントンならいいと思えばいいのだ。


で、昨日のビールは大穴であったわけですが
自分のカンが多少当たった一本だったのかも…

+++++++++++

まず栓はコルクで蝋で完全密封されていました。。
これがイザという時にわかって開けるのが面倒でしたw…
グラスに注ぐと細かい泡が沢山上面に浮かび上がる。
色は濃く、普段のビールの泡よりもきめ細やかです。

一口飲んでみると豊潤といえばいいのか豊かで濃いのですねー
そして外国産で懸念していた馴染みのない香料や味の違和感が無い。
この味がすぐに受け入れられました。
さらに最初だけでなく飲み飽きずにスイスイといく…
これが国産ビールだと400mlぐらいで飽きるというか、
まずく感じてくるのですけど・・それが無く最後まで飲みきった。
どうも国産ビールは原料ケチっているんじゃない?って感じました。
それに比べると材料を削らずに贅沢に作っている感じがします。

ともかく非常に満足できたビールでした。
これ、一本でなく二本買っておいたのが大正解でした。









[PR]

by anbsakura | 2016-01-12 20:57 | 飲む、食べる。
2016年 01月 11日
最高のビールでした!
お酒の楽しみ方って、
飲むこと自体そうですが、
買う前と買った後にどんな味が期待している時も楽しいものです。
たとえそれが100円でも、飲む前までも楽しめる。

++++++

さて先日買って来たイタリアのビール、バラデンスーパー。
満を持して、飲んでみた。
というのもアルコール8%で750mlなので…
ご飯抜きで行きます。

結果は・・
これは今まで飲んだビールでも最高に美味かったです。



今夜は酔っているので、
詳しい感想とかは
また明日にでも。。








[PR]

by anbsakura | 2016-01-11 22:40 | 飲む、食べる。
2016年 01月 09日
知名度
日本酒というのも実力というより知名度によって
人気を左右されてしまうとおもう。

喩えると、国会議員のようなものかも…
マスコミで取り上げられれば有名になり、いつしか全国区になる。
知名度が高くなれば「スッカラカン」でも・・

反対に有能な立候補者でも無名なら落選。
地方では支持されていれば安泰であるが、
県外の人は全く知らないということになる。

++++++++

それが外国の議員だとすれば・・

昨日、某ディスカウントで見つけた見慣れぬ瓶の酒。
安いので手に取ると意外に立派な瓶のお酒。
これが149円。
a0034181_17384784.jpg
安いのだが、すでに12月末で賞味期限切れしていた。。
イタリアのお酒です。
中身は発泡酒って書いてあります。
正体もわからないので棚に戻し名前だけ記憶して帰る。

で、帰ってこのお酒「バラデンスーパー」を調べると・・・

クラフトビールです。
添加物が入っているため発泡酒扱いになるようです。
そして・・驚くのは通常の定価だと1500円(750ml)もするようです。
つまり定価の1/10。

おそらく去年の年末に処分品を仕入れたのが残ったままになっていたようです。
実にディスカウントらしい商品。

誰も知らないもんなぁ。
でも、イタリアではもっとも知名度のあるクラフトビールのようです。
実はイタリアのビールって1990年代から始まったらしい。
実に最近のことなのだ。

まぁまぁ、そういったことで今日残っていた2本買ってきました。
ベルギービールのように合わない恐れも多分に含んだ上で・・

+++++++++++

ダイナモをバックステーに取り付けた。
台座が無いので緩むと回ってしまうので、
正規の取り付け方ではないです。

a0034181_1739165.jpg





[PR]

by anbsakura | 2016-01-09 20:52 | 飲む、食べる。