<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 31日
今年最後
どうぞ良いお年を
    
          ∧_∧∫
        ( ´∀` ) 
       _ (つ=||_つ___  
      / \‾‾\≠/___ \
     .<\※ \______|i\__ヽ.
        ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ
        \`ー──-.|\.|___|__◎_|_i‐> 来年もよろしく。
 
[PR]

by anbsakura | 2009-12-31 23:48
2009年 12月 30日
ナップザックをボトルケージに収めてみる
ずいぶん前に使っていたバックがありました。
ナップザックより縫製が少し丈夫でかさばりますが
これを丸めてみました。
a0034181_19395188.jpg


そしてこれがボトルケージに収まったところ。
a0034181_1940126.jpg

カバー(水筒に被せるもの)に入れた時にキツキツですか、
もうちょっとコンパクトなナップザックなら余裕でしょう。
重量はカバーと合わせ280gでした。

フロントバックやキャリアがなくても
こういうやり方もありですね。


 
[PR]

by anbsakura | 2009-12-30 19:44 | BICYCLE
2009年 12月 29日
ポタリングにナップザック
昔ロード用にサコッシュっていう
軽食とか入れておく小さいバックがありました。
しかしずいぶんとチャチな袋だとおもって
使ってみたことはありませんでした。

しかし今になるとあれは中々優れた機能のものだったんだとおもう、
何しろ軽量で小さく畳める袋ですから。
でも今のロード乗りはコンビニとか外食ですけどね。

++++++
a0034181_22305896.jpg

先日、手賀川から新木駅に向かって布佐駅まで抜けるルートを走ったら
新しくパン屋とか野菜即売所が出来ていた。
さらにスーパーに立ち寄ったらみかんの袋つめ放題なんてやってる。
こういう思わぬ買い物したい時に何も袋がありません。

それで考えたのがナップザックです。
だいぶ前にシマノがサイクルショーで配ったものがウチにあるのだが
これもおいらは使ってみたことがない。
ビニールが2重になっているけれど数回使うとダメになるような代物。

しかしこれはもしかすると便利じゃないかとおもう。
丸めてボトルケージに入れられるくらいコンパクトであって
さらに500円くらいの超軽量のものがあればいいのにっておもう。
a0034181_22323656.jpg

今のメッセンジャーバックやドイターのリュック、
どうみてもポタリングには適しません。
カゴが無いスポーツ車なら
こういうのもあるってことですよねー。

でも使っている人もあまり見かけないです。



 


  

 
[PR]

by anbsakura | 2009-12-29 23:15 | BICYCLE
2009年 12月 27日
自転車で40km/h出すには
普段このスピードで走っている人は
たぶんほとんどいないとおもう。
それなら最近のロードレーサーを買って
高価なホイールを付けたならば可能なんだろうか?

これは買ってみないとわからないから買うんでしょうが
ここでちょっとした計算をすると
自分なら可能なのかある程度予測できるかとおもう。

その計算ですけどちょっとネットで調べたら
ケイデンス計算をしてくれるページがいくつもありました。
そのひとつのココがなかなか親切。
  ○http://dirtjapan.com/modules/pico/content0003.html
今までおいらはこんな計算して乗っていませんでしたが
これでシュミレーションするとおおよそイメージが出来ます。
a0034181_2120568.jpg


仮に700CX23Cのタイヤを履いて、時速40km/h出す為には
どの程度のギア比とケイデンスなら可能でしょう?


上のページを使って
ある程度の目安がわかると思います。
まずギア比ですが自分が普段使っていて
その範囲のギア比でないと重くてダメでしょう。

さらにケイデンスですが
これも普段速く走る時でも100くらいでしょう。
ふつうは80か、あるいはゆっくり70ぐらい
そのくらいの幅で考えることとする。

700CX23Cのタイヤ周長は2096です。
そしてフロントのアウターギアをコンパクトと想定して50Tとしましょう。
さらにケイデンスは最大の100まで上げ
(この回転数を維持するだけでも大変ですが)
これで後ろのギアは幾つかと見ると・・・

後ろのギアが16Tだと39.3km/m、15Tだと41.9km/hとなります。
ギア比で見ると16Tだと3.13、15Tだと3.33になります。
さてどうでしょう?

40km/hってかなりの壁ですよね。
このギア比で毎分100回転ですよ!
当然のことですが
高級なロードでも同じことをしないと40km/hは出ません。




  


  
[PR]

by anbsakura | 2009-12-27 21:55 | BICYCLE
2009年 12月 26日
エスケープR3は高級車
またちょっとR3のネタです。
おいらはR3をエントリーモデルといった紹介をしてきたけど
これも自転車に興味があって余計な知識があるから生じる認識だ。

最近はR3をひとりで乗っている女性もみかけることがある。
通勤とか買い物とかでも見たことがあります。
こういう人はツレと一緒に買ったというより
どうも見たところ自分で選んだんじゃないかという感じがするのだ。

a0034181_0161157.jpg

それではどこでこの自転車を彼女らは知ったのだろうかという疑問。
だいたい普通の自転車屋とかスーパーには置いていませんし、
ちょっと捜さなければ見つけられない自転車です。

答えはどうも彼女らの読む雑誌などで紹介されていたりする情報にもあるようなのだ。
そしてそういった女性誌の中においては高級な部類に入る自転車になる。
たぶん女性にとって自転車に出す金額としては上限額になるんじゃないでしょうか。

つまりエスケープとは一方の視点ではエントリーモデルであっても
実際に乗っている人が読んだ雑誌記事の中では高級車でもあるわけだ。

したがってそこら辺の心理というのを考えておくことが
互いに自転車について語る場合
誤解を生じさせないことになるんじゃないでしょうか。


  
[PR]

by anbsakura | 2009-12-26 00:24 | BICYCLE
2009年 12月 24日
紅白にスーザン・ボイルが特別出演とか
NHKの紅白歌合戦
芸能人バラエティーの元祖とでもいいのか
おいらは昔からこの番組を見ていないというか見ないと決めている。
あえて見ないのは、忌避しているものがその中にあるんだとおもう。
日本のテレビの象徴、何か肝心な部分を忘れ、
国民を白痴化するものだと感じるからだろうか。

ということで全く関心は無かったけど
今回はイギリスのスーザン・ボイルさんが特別出演するという。
どうせ視聴率かせぎの見せ物のつもりだろうけど
ここだけは観てみたいとおもう。
a0034181_22294955.jpg

この「翼をください」を歌ってほしいですね。
  
その後の出演者の反応とか見てみたい、
この後もドンチャン騒ぎが続くなら終わっている。



  


  
[PR]

by anbsakura | 2009-12-24 22:48 | News
2009年 12月 23日
半径3kmから 半径10kmへ
以前に見たミヤタのカタログの中にあったのだが
普通のシティーサイクルの走る距離は、
だいたい3-4km程度とか
そんな数字が書いてありました。

これはスポーツ自転車から考えればとても短い距離のようですが
普段こういうママチャリタイプしか使ったことがない人には
<自転車とはこのくらいのもの>という位置づけだとおもう。
a0034181_23422463.jpg

最近スポーツ車が増えたとはいえ
現状でも圧倒的にシティーサイクルが多いのには変わりはないわけで、
そんなことから考えると
世論の自転車の意識を変えていくには、
この3kmを変えることではなかろうか。

もしも行動半径が10kmまで伸びれば、
これまでの自転車観が間違いなく変わるでしょう。
そうすれば
自転車についての世論は変わっていくだろうし、、
道路のインフラも進んでいくだろう。

とにかく半径10kmぐらいを走ってもらえるような
そんな自転車を今のシティーサイクルから乗り換えてもらう
それは一見スポーツ車と関係ないことのようだが、
こういった底上げというアプローチがあってこそ
ブームで終わらない自転車に対しての関心度の定着ができるんだとおもう。

そうすると、これまでのシティーサイクルとスポーツサイクルの中間
そういうタイプがとても重要なカギを握っていないだろうか。


 
[PR]

by anbsakura | 2009-12-23 00:15 | BICYCLE
2009年 12月 21日
竹○さんのバイク
昨日のクロスカントリー
輪○房さんのブログを見たら
スペシャの竹○賢二さんも来ていたというので
どこか1枚ぐらい写っていないか捜しました。
どうやら下の写真で写っているのがそうみたい。
a0034181_2236462.jpg

ご本人のブログにある自転車とほぼ一緒です。
  *http://takeyakenji.blogspot.com/2009/12/2000m.html
えーと、それでこの自転車について
もらったカタログで見ると・・・
S-WORKSは・・・無いんですね。

というのもスペシャのカタログというのは3部あるらしく
おいらが貰って来たのは中間グレードだけのもの
その1冊でもかなり分厚い立派なものなんですけどもね。
そんなわけで高い方のカタログに載っている自転車ってわけです。

中間グレードでこのスタンプジャンパー
一番高いのが40万円ですから
それ以上高いバイクになるわけで
まー、確かに一流選手だったわけですし
乗っていて違和感あるわけもないのですが
今やスペシャの社員である彼はこれで走ることが広告なわけです。
でも、これぐらいのレースにもみんながこういうバイクを持ち寄って遊ぶって
ちょっと贅沢というかバブリーな気もするわけです。

確かに6万ぐらいのMTBで参加という人も少数いましたが
それがかえって目立ちます。
多くは数十万もするMTBです。
そんなことだから
いつしか裾野が狭くなっていくんでしょう。

++++++
それで思い出したことがあります。
トレッ○ストア開店の時に手伝いに来た
タカギマサ○氏のこと
トレッ○ジャパンのスタッフとして働いていた彼と
たまたまお店で話ができて
その時にもっぱら自分はそんなに高い自転車に乗って
レースに出ているわけでないと
それよりもいかに工夫して乗るかといった話をしてくれましたが
しばらくしてトレッ○ジャパンを退社して
や○めの学校というのを開校したというのを知った時、

何となく居づらかったのかもしれないと
察しがついたものです。



   
[PR]

by anbsakura | 2009-12-21 23:38 | BICYCLE
2009年 12月 20日
今頃のMTB
荒川河川敷でするスポーツなら野球などでしょうが
利根川はちょっとマイナーな趣味をやっている人が集まって来るところ
パラグライダーや模型飛行機、コンバットゲーム同好の士の集まりなど、
そんなのを横目に野田までMTBのレースをちょっと見学に。
a0034181_21122282.jpg

主催が代わって12月ということもあるのでしょうか
数年前と比べると人の数は少ないです。
MTBは前と比べてどんな違いがあるでしょうか?
いつものように適当に写真を撮ってみました。
a0034181_2113372.jpg

もしかするとお店の関係があるのかもしれませんが
ゲーリーフィッシャーのバイクがとても多くて意外でした。
これが前とは一番違っていたところ。

その他はスペシャ、ジャイアント、トレック、輪○房オリジナルですね。
それ以外のメーカーのものがより少なくなっているように感じます。
大手メーカーに集約化されているような気がしました。
a0034181_21132818.jpg

MTBのカテゴリーでいうと
XC系が多かったのはやはりレースがそういう形式だからでしょう。
最新のバイクはフルサスが多く、
ちょっと少し年式の古いのはスタンダードなハードテールでしょうか。
すでにほとんどがディスクにしていると思ったら
Vブレーキ仕様もけっこうありました。

ピカピカのロードに乗ってくる見物人はいませんでした。
a0034181_21135263.jpg



   
  
[PR]

by anbsakura | 2009-12-20 21:55 | BICYCLE
2009年 12月 18日
分割式ドロップーハンドル
今年のGIANTのカタログを見ていて
グレートジャーニー2のところをよーく見ると
思わぬパーツが使われていた。

カタログ写真はグリップシフトを写しているだけで
サッと見ただけなら見逃してしまうでしょう。
さらに検索してもほとんど取り上げていないですね。
ちょうど見つけた写真で見ると下のような造りです。
a0034181_22264640.jpg

この分割式ハンドルはおいらが前からここでよく書いている
フラットバーからドロップに変更したいとき
関連パーツ全て交換しないといけないという問題を解決してくれる
とてもありがたいパーツだと思うんだけど中々無かったパーツですよ。

例えばクロスバイクのR3なら、この分割式ハンドルを使えば
あとはブレーキレバーとバーテープを買えばO.K.なわけです。

あるいはマウンテンバイクをドロップ化するにもいいんじゃないでしょうか。
サスのストローク分ハンドル位置が高くなるので
ポジションが楽で日常の使い勝手もいいと思う。
何より転倒などした時には高価なレバーをダメにしてしまうこともないです。

ただ単品パーツとして売っているのか?
それでいくらなのかはカタログには載っていませんでした。


  
  
[PR]

by anbsakura | 2009-12-18 22:42 | BICYCLE