<   2011年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 29日
ステンレス・カゴを修理
かなり前に貰ってきたステンレスの前カゴがある。
骨組みがクロスしているところの6個所が壊れているのです。
溶接が剥がれてしまっているのでグラグラして使えません。

最初板を挟んでサンドイッチのようにして止めれば直るとカンタンと考えていたが
やってみたけれども上手くいかず放置状態にしていました。

いろいろ考えて思い付いたのは〈ロウが塗ってある紐〉です。
ウチに蝋引きの紐があるのでそれを使い
剥がれているところを紐で何重にも巻いて固定しました。
さらに巻いたところにボンドをつけて固めてしまいます。
包帯を巻いて石膏をつけたみたいなものといえばいいのか。

見た目はかなりカッコ悪いのはしかたない。
一応固定されたようでグラグラも消えて使えるとおもう。
カゴぐらいと言っても結構高いですからねー
リサイクルできると安上がりです。

しかし直ったとして今は使う自転車がないですよ。
使うならブリヂストンのシティー車に付いているカゴと交換かなぁ、
それともリアキャリアに付ければいいか、
どっちにしろ保管になりそうです。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-29 23:11
2011年 04月 28日
3月のあさひの売れ行き、他
 3月度(2月21日〜3月20日)の既存店増収率は前年同月比45.6%増(客数同30.2%増、客単価同11.8%増)。3月11日に発生した東日本大震災の影響で、関東圏中心に通勤・通学困難者の需要が急拡大したほか、原油高の影響を背景に全国的に自転車販売が好調となった。好調な需要は4月度も継続している模様。
>http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20110428254925.html

++++++++

やはり低価格自転車が中心のあさひの売れ行きはよかったようですね。
停電の影響や通勤難民が出た東京周辺なら2倍以上いってるでしょうね。

さらに単価の高い電動アシストでも同じように売上げが急増したようです。

東日本大震災による首都圏の公共交通機関の混乱を受け、電動アシスト自転車の売れ行きが大幅に増加していることが、市場調査会社GfKジャパンの調べで分かった。震災直後の週の販売は、その前の週に比べ約2.5倍に跳ね上がり、その後も2倍程度の水準が続いている。電車などの運行本数減や混雑を避けるため、通勤・通学用に購入した人が増えたとみられる。
>http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011042002000044.html

++++++++++

ジャイアントも伸びたようです。

台湾の自転車メーカー大手、ジャイアント・マニュファクチャリングの場合、日本法人の3月の売上高が前年同月比で23%伸びた。同社広報担当のジェフリー・シュー氏によると、ジャイアントブランドの日本での販売実績は10年が9万台で、11年は10%増を見込む。
>http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aTDTZ5xUCTbE

ジャイアントの販売台数がこれで9万台だったとわかりました。
あと上記サイトによると
あさひも1000台を岩手・宮城・福島に寄贈する予定とのことです。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-28 22:14 | BICYCLE
2011年 04月 27日
言葉では伝えきれないものを写真が伝える
写真というのは文章のつけたし、補完するもの、
たいていはそういった使い方で新聞とか雑誌で扱われる。
記事の代表は文章を書いた人になってくる。

しかし次に紹介する写真
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/12/world/asia/20110312_japan.html#191
[Toshiyuki Tsunenari/Asahi Shimbun]
コトバで表現できない圧倒的なインパクトを
私達に伝えてくれるとおもう、

さらにその他も必見ですよ。
NY.Timesが集めた東日本大震災の報道写真集
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/12/world/asia/20110312_japan.html#1
※時間によってアクセスが重い時間があるみたいです。

写真はひとりのカメラマンでなくて
この現場にかけつけた各国のカメラマンによって
あるいは日本の報道カメラマンによって撮られたものです。
最初は写真のタッチが似ているので同一カメラマンかと思っていたが
レタッチで修正させたんでしょうね。
右下に小さくカメラマンの名前と所属が載っています。
250枚以上ありますので全部見るとかなり長くなります。

+++++++++

それにしてもこういう写真が外国のプレスのサイトにあり
日本の報道各社には無いというのがなんとも情けなくなる。

どうもネットを邪魔もの扱いする傾向があり
写真でもわざわざ小さいままにしている。
しかもネットなら沢山写真がUPできるのに
新聞より有利になることを懸念してNY.Timesのような編集はしないのだろう。
この写真はiPad対応になってページは指先で左に流すだけで変わるので見やすい。
これも日本のマスコミは採用してませんね。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-27 22:12 | News
2011年 04月 27日
マイナス同士の戦い
こういう場合、
投票する時困りますねー

片方がマイナス80点で、片方がマイナス50点と考え
マイナス50点に投票するか
あるいは棄権してしまうか
という虚しい選択になるわけです。

おいらの市でも市長選挙があってこんな感じになった。
詳しいことはわからないがネットの掲示板でもこのような認識でした。
結果的に現職当選、新人がマイナス80点なので助かったのだ。
でも駅前はスカスカ状態で今後の手腕にも期待薄、
これをうまく再開発できるか大きな不安が残ったまま終わった。

+++++++

そんなわけでこういう時には
選挙制度を変えてしまうのが最もいい結果を生むのですけれどね。
つまり無効票が半数を超えたら立候補者全員落選。
もう一度選挙やり直すというようにするという方法。

みんなそういうアイデアを一度は考えただろう。
でも政治家にとっては大変な変化になってしまうので
絶対に変えないのでしょうね。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-27 00:44 | News
2011年 04月 25日
突然死のデジカメ
最近ジャンクデジカメでの当たりがありません。
今回のは分解して直してみるのもやめることにした。

震災の影響らしくデジカメの売れ行きが悪いそうです。
というわけなのか、
いつものカメラ屋にジャンクが見てもありません。
たまたま昨日見てみると1個あり。
GIANTではなくてRICOHのR3でした。
しかしまたレンズが少し出ていて電源入れても動かずの筐体。
もしかするとバッテリー切れのせいかもと思って買って帰る。

ここで前に買ったミニ充電器が生きるというもの。
しばらく充電してからテスターでみたらすでに規定値でした。
さてデジカメに入れてみたが、ウンともスンとも動かず。

+++++++++++

ここでいつものように原因を検索
するとこの時期のRICOH機にはよくある突然死らしい。
つまり固有の故障理由の一品というわけでした。
何もできずに動かせなかったのはこれが初めてです。
ツイていませんねー

それにしてもデジカメには各社の特有の故障があるのだとわかる。
前にCASIO機であった白飛び画像も固有不良でした。
やはり商品というものは完全なものとして出てくるわけでなく
何かしら不良因子が残ったまま出てくるのもあるということでしょう。
それはそれで開発期間内で出すわけでしかたない。

そんなわけでRICOHのR3は鑑賞用になってしまいました。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-25 23:04 | デジタルカメラ
2011年 04月 24日
自転車を衣替え
最近ずっと使っていたMTBから
700CディスクのMTBに換えてみた。
東北に送ったジャイアントのROCKと同じくROCK5000(改造)です。
ただしフレームはちょっと古いから同じとは言えないかも。

どうも暖かくなってくると
コートを脱ぎたくなると同じように
自転車も身軽なものが乗りたくなってきたというわけ。

タイヤは26x2.1から700Cx35Cに変わる。
その変化の最初の乗り出し感覚は
思ったほどには軽いということもないものです。
しかししばらくするとやはりロスが少ないので楽に走れます。
アベレージ速度も自然と上がります。
フットワークが軽いのも春らしい。
またしばらくはコレでいこうかな。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-24 22:46 | BICYCLE
2011年 04月 23日
スポーツ車が一般化すると出てくる盗難需要
とくに書くことも見つからないので
自転車の盗難について考えてみる。

まず、下の掲示板を見て考えてみましょう。

http://www.active-s.com/p-bbs/bbs.cgi
ずいぶん盗られているんですねー
しかもかなり厳重にカギをしていたにもかかわらず。

スポーツ車が一般化する過程で高級パーツ需要が増える

したがってプロの窃盗も売れるから盗む

といった図式が増加する要因になっているのでしょうね。
しっかりカギをしても簡単に盗られてしまうので
カギはアテにならないと考えた方がいいようです。

問題は停める場所でしょうか、
特にスポーツバイクが集まるところ、
こういった地域での駐輪場が一番離れると危険でしょう。

バラされてオークションでさばく、
ですからむしろちゃんとした中古市場って必要ですね。
その方がチェックしやすい。
また、
今までよりも多くの人がスポーツ車に関心が出てきた結果、
予算がなくても欲しい人が増えているのです。
それには安い中古があると盗むことも減るんじゃないかとおもう。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-23 23:36 | BICYCLE
2011年 04月 22日
Slow-Bikerの潜在層
改めて考えると
スローバイカーというタイプに該当するサイクリストはけっこういるんですね。
これまでSlow-Bikerという言い回しを使って
ジャンル分けをしていなかっただけなのだ。

+++++++++
たとえば小径車に乗る人。
ブロンプトンなどは普通に性能から考えたら選択外でしょう。
あるいはもっと小径の自転車が好きな人もいる。
どちらもスピードは重視していませんよね。

シングル車っていうのもそういった範疇に入るとおもう。
ギアがひとつなので絶対的にロードレーサーにはかないません。
それでもシングルの愛好者は増えている。

古い自転車の愛好者もそういった類いに入るとおもう。
そもそも速度とかは全く気にしていないでしょう。
そんな風にいろいろなジャンルを集めてみると
けっこういるんですね。
ただし自分がスローバイカーであるという自覚がないだけなのだ。

+++++++++

ということでスローバイカーの資質の特徴みたいなものをいくつか箇条書き。

◎ 小径車が好き
◎ シングルが好き
◎ 古い自転車やレストアが好き
◎ 鉄の自転車が好き
◎太いタイヤが好み
◎自転車の車重を気にしない
◎サイクルコンピューターが無くても平気
◎舗装していない道が好き
[PR]

by anbsakura | 2011-04-22 22:13
2011年 04月 21日
Fast- BIkeへの対向軸
車種でカテゴライズするから迷路になっていたんですねー

Slow-BikeがMTBがベースでもロードがベースでも構わない。
しかし思想的な部分での自転車の骨格というかベースが
これまでスポーツ車に期待していたスピードを重視しないこと。
むしろ捨て去ってしまうことです。

人間と自転車の自然な速度というのを重視して
無理をしないことで、ゆとりを持ったポジションで静かに乗るのを基本とする。
スローとは遅い自転車ということでなく、
ゆっくりと乗るのに適した設計の自転車と捉えるといい。

それじゃポタリング車と同じでは?
確かにそういう部類になるのだが
Slow-Bikeはちょっと違う。
ポタリング車っていうとメインでなく二番目、三番目の自転車。
ランドナーモノのお下りを散歩用に改造したものだったりする。
所有者の中での基本はスピードを捨てきっていない。

不思議なことに自転車を見ると
その人の内面思想を映し出します。
自転車はこうあるべきというスタイルはないが
もっと気楽に使おうよ、ゆっくり走ろうよ、
そういった主張を持つと少しづつカスタム化の方向が変わり、
自然とそういうオーラが出てくる。

Slow-Bikeってそういうオーラが出ている自転車と言えばいいかもしれない。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-21 20:46 | BICYCLE
2011年 04月 20日
これからはSlow-Bikeがトレンドになっていくかも
今日は20日で、そういえば雑誌の発売日。
ちょっとTSUTAYAに寄ってみた。

パラパラっと見て、
バイシクル・マガジンを見たらキャリア付きのバイクの写真が目に入る。
この雑誌は前にもこれらをコミューターバイクとして紹介していました。
他の3誌がロード系を主体としたスポーツバイクが中心なので、
こういったタイプの自転車を扱うのはマイナー、
ニッチ市場を狙った編集なのでしょう。

+++++++

だがしかし、おいらはピン!と来ましたよ。

これからはこういう自転車がカッコ良くなるはず、と。
ロードにはロードの良さはあるが
どうも派手派手なスタイルにはちょっと無理があるというのが
どうしても引っかかっていました。

自転車業界も次の自転車を模索中。

29erってそういう自転車なのですが
おいらにはピンと来るものがない。
そこでシングルやピストっていうのが
次のトレンドかな?って去年は考えていたんですけど
これだけだとどうしても殻が割れた感じにはなりませんでした。

それが今日分かったような気がした。
それはこれまでのスピードというヒエラルキーを
もう一度ひっくり返してみることではないのか。

自転車のスピードって何なんだ。
もっとゆっくりでイイじゃないか。


ということでこのつづきを
もう少し考えてみることにした。
[PR]

by anbsakura | 2011-04-20 21:47 | BICYCLE