<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 30日
片山、全日本自転車競技選手権大会ロードレースで完走?
元F1パイロット、片山右京さん
第14回全日本自転車競技選手権大会ロードレースに出場。
完走したそうです。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/katayama/CK2011063002000101.html

日本のトップクラスの選手ばかりで日本一を競うレースなのに
200kmを足切りもされずに完走っていうのは年齢や本職でもないのにスゴイですねー

これは世界最高峰F1レースで駆け引きを知っているからでもあり、
あるいは自転車を速く走らせるためのテクニックであり、
様々な事柄について神経を配っている結果なのでしょう。
体力だけでレースの最後までは残れなかったとおもいます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

と、いう事で確認してみた・・・ら?
あれ?
DNFですねー、+9LAPのところで
http://jcf.or.jp/files/downloads/2011/06/Com14-161.pdf
[PR]

by anbsakura | 2011-06-30 17:52 | BICYCLE
2011年 06月 29日
ペダリングとサドルの関係
少し前にサドルの話を書いた。
どうもロードレーサーのサドルはおいらの使用には向いていないんじゃないの?
といったようなコトでまとめてました。

で、今回Youtubeにあった新城選手の動画
ここでサドルに座った状態での新城さんのペダリングに注目です。

新城幸也選手のペダリング
http://www.youtube.com/watch?v=2xJWse0koGY&feature


ペダリングとサドルの相関関係、見てもわかる通りですね。
あのペダリングを行なうため、あの形状と固さがサドルに求められるわけで、
ペダリングの最中に腰が動かない事がサドルに求められるのだ。

というコトで、
おいらにはあのペダリングのマネはできないし、
またそういった乗り方でもないのだから
やはりロードレーサータイプのサドルは必要でないという気がするのでした。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-29 22:22 | BICYCLE
2011年 06月 28日
デポの決算処分で安い?
アルペ◯グループのスポーツデポ
守谷に行ったら一部パーツが半額。
確か去年も今ぐらいだったも、
と、blogを振り返ったらそうだった。

どうも決算の〆が6月末なのでそのせいかもしれない。
ちょっとタイミングが遅すぎて
この前の土日で売れてしまったものが多いかも…

ちょうどひとつだけシフトアウターワイヤーが半額。
これは買わないといけなかったからタイミングがピッタリ。
あとは9速のチェーンのCN-HG93。
アルテグラ、XTグレードがおよそ1/3の価格で2個あったのでひとつ買った。
緊急に必要なし、なのですが…
もうXTも新型は10速になったから、このグレードは廃番になるだろうから手に入れておく。

情報が遅くなりすぎですけども、
近くにデポの自転車売り場があれば覗いてみたらいいかも。
たぶんPOS登録の古いものの在庫処分なので店ごとにバラバラだとおもいます。
去年は7月になってから値引きをさらに値引きにしたモノがワゴンに出ていました。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-28 21:49 | BICYCLE
2011年 06月 26日
ヘルメットを被るより大事なこと
2009年に3代目自転車名人に選ばれていた勝間和代さん。
いつの間にかエンジン付のバイクに転向、
今年の1月頃から乗り始めてポン、ポン、ポンと大型自動二輪車に乗るまでに。

ところが今月の23日にその大型バイクで転倒して手首の骨を折るケガをしたとニュースがあった。
参考:http://matome.naver.jp/odai/2130898794579505701

これだけなら気をつけないといけないと思うだけで済むのだが
その後で某掲示板によりスレが立ち
以前から勝間氏のblogを拾ってみた人によると
自転車の頃からたびたび転んだり事故をおこしそうになったりしていた事が書かれている。
つまりチョット危なっかしいコトを幾度となく起こしているのだ。

そして今度の1月からバイクに乗って5月には850ccのイタリア車に乗るというのは
少し考えても自分の危険を察知する判断力が欠けているのをあらわしている。

というわけで名人というより迷人と言った方がいい人ですが
自転車もロードレーサーだったんですよね。
カッコイイだけで乗るにしては
テクニックや危険予知能力や反射神経が鈍ければ自転車だって危ない。

ご本人はヘルメットを被っていたことで大きなケガにならなかった。
ヘルメットは大事なのでみなさん被りましょうと言うが、
もっと大事なのは自分の能力をわきまえた自転車やバイクに乗ることだろう。

最近は女性のロードバイクが増えているけれど
本当に大丈夫なのか不安に感じる。
安易に薦めてしまうことのないようにして欲しい。
当然ショップでも運動神経もわからずに薦めるべきでない。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-26 21:47 | BICYCLE
2011年 06月 25日
サクサクっと読んだ
漫画の原作にもなっていた
小説「サクリファイス」を図書館で借りてきた。

著者は女性なんですねー
で、自転車に関する描写が気になるところですが
読んでいても頓珍漢な記述だと思うようなこともなく
文体が素直なのでサクサクっと読了。
このごろ集中力がないおいらも読める。
書評は少し検索するといっぱい出ていますが評判もいいです。

ロードレースを題材にしたものだけど
座学でここまで書けるのかという小説家としての力量に関心。
もっともロードレースに関する本に書かれているような内容を
いくつも読んで学習したなぁってお決まりの痕は感じますけどね。

この本は図書館でも文学の棚にあるし
題名にも「自転車」「ロードレース」などのキーワードがないため検索落ちで
自転車が好きな人も知らないでいる人もいるでしょう。
でもけっこうオススメ、読んで満足出来ます。
少し古いので図書館でも在庫ですぐ借りられるとおもいます。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-25 21:21 | BICYCLE
2011年 06月 24日
もっと自由になるには海外の自転車を見たらいいだろう
どうも日本の自転車だけを見ていると
気づかないうちに視野が狭くなるのかもしれない。

ちょっと海外のロードバイクのスタイルは
どんな感じなのかをイメージ検索してみる。
3つめぐらいで見つけたサイト

>http://prollyisnotprobably.com/beautiful_bicycles/
英語は苦手なので写真だけ見てみたけど
こういう自転車を見ているとアメリカ人の想像力ってハンパじゃない。
続きの頁も見るといいですよ。
世の中広いです。
井の中の蛙になりがちなので
Google 画像検索を使って日本以外の自転車も
見るととても参考になるかとおもう。

気づいたのは3Renshoってアメリカで知名度が高いのだろう。
以前に別のサイトでも写真が載っていました。
どうもfixedブームのアメリカでピストを真似た日本人により
それが日本に逆輸入されて日本でも人気になったというのが真相のようだ。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-24 22:12 | BICYCLE
2011年 06月 23日
表情を作る
さて昨日の点睛(瞳を入れる)とは何のこっちゃい?と
わからなかった人も多いかと思います。

マンガを描くのでも目を最後に入れたりして
顔の表情を表現しますよね。
つまり目というパーツは主人公のキャラクターにとって非常にポイントになるわけです。
目がない顔っていうのは無機質なもので銀色のママチャリを連想するといい。
もしも目の表情がキツかったり、無表情では好意が生まれません。
自転車の場合でも顔があるということです。

++++++++
この先、以前にも似たことを書いた記憶があるので重複します。

自転車でも何となく好意的に感じるもの、
いかにもデキる子という感じがするもの、
近寄りがたいタカピーな雰囲気のものなど
カッコイイにも色々違いが出ます。

もちろんそれは人それぞれ感じ方は違うのですが
それが視覚から脳にインプットされるわけで
何がどうだしたとかの説明以前に自然と感じとれるはずです。

したがってパーツを機能優先だけで考えちゃうと
秀才バカのような自転車に仕上がることもある。
でもスペック優秀の人物が必ず魅力ある人とは言えないのと同じことです。

そんなことを無意識に計算してくるようになれば
手加減とかも覚えてくるはず。
おいらみたいにもう少しおバカなキャラクターでいたい
と思うようになるかもしれない。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-23 19:47 | BICYCLE
2011年 06月 22日
画竜点睛を欠く
よくできていても、肝心なところが欠けているために、完全とはいえないこと。

この意味するところは自転車でも多いにあると思いますね。
肝心の自転車専門店ですら理解していない場合が多いとおもう。
こういうのは学んで覚えるものと違いますからね。
見極めの分かる人とそれが分からない人に別れる。

点睛とは<瞳>のことだそうで
まさに目が入っていないバイクは人工的で画一的
生きていないようなところがある。

++++++++

ところでおいらは読み方を間違えて覚えていた
画竜(ガリョウ)点睛を欠く
さらに漢字も
睛なのに晴と覚えていました。。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-22 22:56 | BICYCLE
2011年 06月 21日
ジャイアントのマーケティング力の凄さ
別におだてて何か見返りがあるわけじゃないのですが
このメーカーが他のメーカーより安いだけで世界一になったわけじゃない、
というのが改めてわかった。

エスケープR3の話なのですぐにアチコチのblogでも書かれるだろう。
2012年のモデルが早くも7月に出るらしいのだが、
その価格が驚くことに2011年より8000円くらい安くなる。
http://ysroad-koshigaya.com/escape%20R3.jpg
5万円程度のバイクの値下げとしては大幅でしょう。

実はおいらはR3は自然消滅していくかと予想していた。
今年販売したRXが好調で途中でメーカー在庫が無くなったらしいし、
一方でR3の場合はちょっとダブついていたような感じがしたからだ。
こういう場合は付加価値の高いモデルに移行する方が
メーカーとして利潤が上がるわけで
ブランド力が付いてくると製品を値上げしてくるのが普通だろう。

ところがジャイアントはおいらのそういった予想したことと反対の対応でした。
この作戦っていうのが予想外のもので
多分中国工場でさらにコストダウンさせてヒット商品を見捨てなかった。
もしかするとフレームも2011年と違うのかもしれない。
しかし原点に戻って実売は3万円台になるような設定にしているように見える。

これはこの価格帯がボリュームゾーンだとわかっているからでしょう。
5万円+にしたらチョット売れなくなった反省から修正したのかもしれない。
このあたりの切り返しの判断力って中々侮れないですね。
こういうマーケティング力があるから
アメリカでもトレック、スペシャライズドと並ぶ3大メーカーにまで成長したんでしょうね。

しかも高級ブランドを指向するスペシャライズドやトレックは追随してこれないし、
あさひなどで出すオリジナルブランドとの価格差もわずかになる。
こうすれば市場の多くのシェアを確保できるわけです。
日本の自転車メーカーの無策ぶりに比べて台湾やるなぁーと思うのでした。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-21 23:41 | BICYCLE
2011年 06月 20日
自転車保有台数偏差値、一位は埼玉県
コンビニの統計などを調べていたら見つけた統計。

やはり東京と大阪が多いとは思ってはいたが
一位は埼玉でした。
自転車に関しては東京並みに使われているんですね。

http://todo-ran.com/t/kiji/11525

全国的に見ると関西地方が自転車偏差値が高く
関東は東京、埼玉、神奈川、千葉以外はちょっと低いのがわかる。
東北や九州は偏差値が軒並み低いのだが
鹿児島、沖縄、長崎が雪国でもないのに一番低いのは意外でした。

埼玉、東京、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、奈良以外は
車の保有台数の方が自転車よりも多いらしい。
[PR]

by anbsakura | 2011-06-20 20:58 | BICYCLE